いずん堂のよろず

izundou.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 27日

7月の予定

7月の予定。

7月2日(日)「野菜のマルシェ。」
10:00~夕刻
いずん堂のテラスにて。
野菜が少なくなってきたら、店内での販売になります。


7月7日(金)は、夕方より貸し切りの為、通常営業は12:00~14:00まで。


7月15日(土)・16日(日)「かき氷 頂」さんによるかき氷の日。
12:00~20:00
今年の初のかき氷!!


お休みについて。
7月17日(月)は、第3月曜日ですが、祝日の為、営業致します。
代わって、7月10日(月)がお休みとなります。

7月の店主の気ままな日はお休みです。


今月は休みについて少し変更などございますが、
7月より下半期。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


(写真下のちっちゃい緑・・・マユハケオモトの種をポイっとしていたら、芽が出た!)
f0326862_11251032.jpg


























268














[PR]

# by izundou | 2017-06-27 11:28 | Comments(0)
2017年 06月 24日

「跨ぐ」って読める?

いずん堂の珈琲も紅茶も素材は素晴らしい!
助手はそれを損なわないように、毎回「おいしくなぁ~れっ!」と思いながら淹れている。
もちろん提供させていただくすべてのものに対して、そう思って出している。

その「おいしくなぁ~れっ!」と思いながら淹れている紅茶を必ず頼んで、ゆっくりと時間を過ごしてくれる子がいる。
とっても嬉しい。
いずん堂におけるBest of Tea賞をあげたいくらい!!
彼女はムサビの卒業生、土屋美智子さん。
学生時代から来てくれている。
或る時からお話しするようになった。
確か、「タナショーの同級生なんです。」が初めてだったかも?

そうそう、今年は嬉しい。
いずん堂に来てくれている、そのタナショーこと田中彰氏を始めとする武蔵野美術大学卒業生の子たちが
個展やグループ展をこの5月~6月に集中して開催している。
観に行くのが楽しい。
上半期の締めくくりとして、土屋さんの展示(グループ展)。

『 境界を跨ぐと、』
日時:6月25日(日)~7月6日(木)
9:30~17:30
於:東京都美術館
  台東区上野公園8-36

アートで世界を繋ぐ・・・
はたまた、自分と自分以外の何かとの対話だったり・・・
いろんな境界を跨いで(またいで)みる、そんなアート活動をされているようです。

あっ。場所は上野公園だ~
帰りにパンダも見れちゃうね。



267


















[PR]

# by izundou | 2017-06-24 23:29 | Comments(0)
2017年 06月 17日

B級グルメは永久グルメ?!

「志考さぁ~ん。助手のカラダ半分はね、お菓子とラーメンでできてるの・・・」
ある日のおやつの時間。
お腹を空かせた助手のことば。

おや?このフレーズ、どこかで聞いたような???

それはさておき。
6月18日(日)は「店主の気ままな日」
12:00~19:00キッカリで閉店。
ラストオーダーはこの日は18:00ちょっと前。


突然ですが、店主はどこにいるでしょう?
f0326862_20110614.jpg

























答え:南極

この日の店主は「いーちゃん!どうしよう、なんか楽しい!!」
そう。ここ南極の地で・・・

あれ?このフレーズ、どこかで聞いたような??

それはそれとして。
先日、或る方に写真を見せていただきながらとっておきの遊び場を教えていただいた。
なんとそこは、遥かかなたの南極・・・
・・・
立川にある国立極地研究所「南極・北極科学館」のこと。
さっそく、いそいそと出かけた。
(写真参考)


閉館1時間前に入館。
極地研究所を通過して、南極・北極科学館へ行くのだけれど、
もう。入口からワクワクが止まらない!!
そして、1時間では網羅するには時間が足りなかった・・・

見どころ、学びどころ満載の「南極・北極科学館」
「おぉ~」とか「へぇ~」とか「わ~!これかぁ~」とか「キレイ~」とか
そうは言っても、想像を絶する過酷な地。
科学館では、南極・北極へたどり着く今までの歴史や現在、基地について、気候や動物、鉱物などについて、はたまた現地で働く人たちのお仕事などを紹介。

と、ここで店主は、現在の南極の越冬隊たちの食生活に焦点を当ててみることに。
「南極料理ではく、南極ドーム基地で自分で作れるB級グルメ」改め
「南極において楽しく摂れる栄養とスタミナ」を今回の店主の気ままのテーマに。
でも、B級グルメって、永久に日本人心に宿るA級グルメだと思う。
そのくらい食べないとまた食べたくなるもの。

そうそう、南極での食生活は・・・
さすがに生ものは持ち込めないらしいけれど、冷凍ものや缶詰、乾燥ものなどでやりくり。
数名しかいない閉ざされた場所で、いかに食事で元気に楽しくするか?
とても有名なのが、西村淳さん著『面白南極料理人』である。
これ、すっごく楽しいの。
そこもヒントに?!

南極は南半球にあるから、日本とは季節が逆。
来週の6/21(水)は日本では夏至。
南極では冬に向かうから冬至となる。
どうやら、現地では世界中の越冬隊が「ミッドウィンター祭」として、南極の長く続く暗夜を盛大にお祝いするらしい。
西村さんの時には3日間連続という年も。
ということで、盛大に夏至をお祝いとはいきませんが・・・
6/18(日)の気ままな日は、精一杯のB級グルメをいずん堂の1日限りの永久保存版メニューとして拵えてみようかと。
いろんな意味でB級なので、お手柔らかに。


おまけ。
ミュージアムショップは、閉館30分前の4:30で閉まるのでご注意を。
ちなみにガチャガチャは、閉館ギリギリの5:00まで大丈夫。
ガチャガチャだから、雪上車が欲しくっても、シロクマが出てきちゃうオソレアリ。


266









[PR]

# by izundou | 2017-06-17 23:06 | Comments(0)
2017年 06月 05日

ひっそりと始めた毎月1回のこと。

4月からいろいろお試しで始めてみたことがある。

・月曜営業(第3月曜は休み)
・野菜のマルシェ
・店主の気ままな日

さて、お試しは終了して、これを定着させようか否か?
定着させるべく、ガムバルのみとの結果に。
ということで、6月も引き続き、よしなに。


6月の予定としては・・・

「野菜のマルシェ。」
6月11日(日)
10:00~夕刻
いずん堂テラスにて。
(なくなり次第、終了)

清水農園さんの初夏を感じる野菜が並び始めます。
清水農園さんの野菜を使った、いずん堂オリジナルドレッシング&ソースのセット。
何か冷たいもの。

※店内の通常営業は12:00~20:00(L.O19:30)
f0326862_16351846.jpg
























「店主の気ままな日」
6月18日(日)
12:00~19:00
キッカリ19:00には閉店します!
但し、19:00以降も店主の気ままにお付き合いくださるのでしたら(飲食はございませんが)ご自由にどうぞ。

通常メニューに加えて、店主が気になることからテーマを決めて、気ままに作りたいものをつくる日。
4月は、ギリシャ神話が気になり、ギリシャ料理。
5月は、バベットの晩餐会が気になり、デンマークにおけるフランス料理チックなおつまみ。
でした。
さて、6月は・・・?
何を気ままにつくるのかしら?



月曜日は営業致しておりますが、6月19日(月)は第3月曜日の為、お休みです。


265












[PR]

# by izundou | 2017-06-05 16:39 | Comments(0)
2017年 06月 02日

伝、

『 人の自然 』
2017.6/3(土)~6/25(日)
平日14:00~22:00
休祝日12:00~20:00
於:apotheca アポテカ
新宿区西新宿4-10-2
※月曜休み

服舎 匙木石さんがつくる手縫いの服や雑貨の展示販売。
sajikiishi.jimdo.com

匙木石さん・・・
私たちにとっては、岡田くん。
彼との出会いは、以前ブログに書いたhakodaさんが連れてきてくれたっけ。
それ以来、お友達と来たり、ひとりで来たり。
ひとりの時はゆっくりチャイやカフェオレを飲みながら外を見たり、編み物してたり。
いずん堂で心穏やかに時間を費やしてくれたっけ。

そういえば、いずん堂のカフェオレを彼が初めて注文した時「うわ~。すごい壮大ですね」と。
そうなんです。つくり方も見た目も壮大なので、それ以来いずん堂のカフェオレ・アイスカフェオレの隠れた名称は「壮大なるカフェオレ」になりましたの。
実は岡田くんが命名。
あっ。本人には言ってませんけどね。

学生さんの頃から彼が身に纏っている服やバッグはステキだった。
「その服どうしたの?」とか「好いバッグだね~」と言うと、大抵「あ~。これぇ?自分で作りました。うふふぅ」と。
「えっ!?本当?ステキすぎるよ!」と。いつもの会話。

或る冬の頃、店主が「岡田くん、帽子作ってよ。」とお願いしたら、「いいですよ~」と。
頭のサイズを測って・・・
後日出来上がったのは、店主に合ったグリーンのニット帽。
あら。かわいい。
今でも大切にお家で保管してます!
ん?保管とは???
ゴメン!岡田くん。
ウールマークの洗剤で洗ったんだけど、無情にも縮んじゃった!!
でも。ちびっこ用みたいでかわいい仕上がりに・・・

いずん堂での彼は、いつも静か。
何かを待っているような・・・

身に纏うそのステキなシルエットだったりデザインはどこからくるのかしら?
気になって聞いてみたことがある。
曰く「まずは、この布を自分が纏ったら気持ちいいだろうな~」から始まり
「この布のために、布らしさを保ちたい。それが形になっていく」と。
「布ありきで、形はあとからついてくる」のだそう。
「だから、布がどうありたいか?という答えを待つこともする」とも言っていた。
へぇ~。

そして、全ては「自分が感動したい。」から、縫うことだったり、踊りだったり、絵を描くことだったり。
踊りって?
彼は、今の瞬間を感じたままに踊る表現者というか、アーティストなんです。
(よく、大学の庭で踊っていて有名人だったみたい。)
だから、今回の個展も作ったものだけの展示発表だけではなく、会期の初日と最終日には音を奏でる人の伴奏で踊る。


岡田直樹氏初の個展。
『 人の自然 』
2017.6/3(土)~6/25(日)
平日14:00~22:00
休祝日12:00~20:00
於:apotheca アポテカ
新宿区西新宿4-10-2
※月曜休み

6/3(土) 15:00~
打楽器の藤原由智さんの伴奏で。
6/25(日)15:00~
ヴァイオリンの新村隆慶さんの伴奏で。
岡田直樹氏が踊ります。

両日とも定員10名の為、要予約。
f0326862_22250333.jpg






















おまけ。
ヴァイオリンの新村さんは私も以前聴いたことがあって感動した。
新村さんも、今感じた瞬間を即興でヴァイオリンの音を奏でる方。
それは、花の挿花家、谷匡子さんのパフォーマンスに合わせての時だった。
そのお話はまたの機会に。



264













[PR]

# by izundou | 2017-06-02 22:29 | Comments(0)
2017年 05月 29日

伝、

『 THE FIRST SOUVENIR 徳本 萌子 個展 』
Moeko Tokumoto exhibition
2017.5/30(火)~6/10(土)
12:00~19:00
於:GALLERY RUEVENT
豊島区目白3-12-27
03-6908-3014
http://www.g-ruevent.com/
※6/5(月)休み・最終日は17:00

いずん堂で飾らせて頂いている、柿渋などで染めたキャンバスや
生の桜の葉に不思議な手法で糸などが施されたステキな作品は、徳本さんの作品。

明日より彼女の初の個展です。
これまでのグループ展や作品発表、制作において様々な経験を積まれ、満を持しての個展。
いずん堂にある作品とはまた一味違う、今の彼女がつくる深化した作品。
とても楽しみです。
f0326862_20384406.jpg





















伝は、つづく。


263









[PR]

# by izundou | 2017-05-29 20:39 | Comments(0)
2017年 05月 27日

5/28(日)の「店主のきままな日」は・・・

1度は行ってお食事を楽しみたいお店がいくつかある。
その中の1つ「トゥール・ダルジャン」
とにかく全てが素晴らしい・・・らしい。
お料理だけではなく、店内もそしてギャルソンを務める方々がめちゃくちゃ素晴らしい。
1度は行って全てを楽しみたい・・・


20年くらい前に初めて食に関する映画を観た。
『バベットの晩餐会』
あまり動きはないのだけれど、晩餐会用の食材調達シーンから、テーブルセッティング、一皿一皿が出来上がるまで、食事をするシーンはもちろん、
主人公がギャルソンを務める少年に出す的確な指示に至るまでも、そして主人公の表情までも、なんとも心に残る・・・
「食をテーマにした映画ってあるんだぁ。」と感動したことを覚えている。
どうやら、主人公のバベットさんがいたレストラン「カフェ アングレ」は「トゥール・ダルジャン」の歴史に関係があるらしい。
何やら興味深い。


さて、明日の「店主の気ままな日」のテーマは、デンマークにおけるフランス料理チックにおつまみ的な何か・・・を作ります。
数量限定の12名分。
12:00~キッカリ19:00
L.O18:00ちょっと前。
なんせ、店主の気ままな日ですので、ゆるゆるとやります。


さらに19:00以降、店主の気ままにお付き合いくださるのでしたら、ご自由にどうぞ。
でも、飲食はございませんので。



(写真は試作の途中)
f0326862_17392208.jpg
























262












[PR]

# by izundou | 2017-05-27 17:51 | Comments(0)
2017年 05月 14日

厨房 ≒ 実験室 ?!

いずん堂において、店主が新しいレシピを開発する時の光景は・・・

まず第1ラウンドとして、何をしたいか?どの素材で何を作ろうか?と書き出しと文献探し、実際に食べることなどをを始める。
ある程度イメージが決まったら第2ラウンドは、そろ~りそろ~りと材料を丁寧に扱いながらグラムで量ったり、カップで量ったりと実験してるみたい。
それが始まってから数日後・・・
厨房から「う~ん。うまいっ!!」と、低くてキレのいい声が聞こえてくると、助手は「おっ。うまくいったな」と安心と期待に。
しばらくして厨房から「ねぇ。これどう思う?」と。
そこからまた第3ラウンド。
2人で試食と店主の微調整がはじまり、最終決定をしていく。
たまぁにお客さんに味見してもらってご意見頂いたり。
と、まぁ。
これが常かもしれません・・・

さて、
『野菜のマルシェ。』
5/14(日)
10:00~夕刻
いずん堂テラスにて

「珈琲 十」さんの特別出店があります!!
ここでしか、この日にしか味わえない!
❝贈る❞をテーマにした美味しい珈琲です!!


そして、メインの清水農園さんの朝採れの旬野菜たち。
夏野菜の前。新緑のようなグリーンものが多いかしら。
元気いっぱい!新鮮で味の濃い野菜たちです。
f0326862_01320361.jpg






















で?
店主のレシピ開発のはなしね。
マルシェ用に店主が清水農園さんの素材を使って作る瓶詰がある。
ドレッシングとソースのセット。
新メニューが登場。
6種類のハーブを使った「ハーブドレッシング」
この味に決まるまでの道のりが、前述のこと。


ちょっと調べてみた薬効としてのハーブ・・・

「グレープシードオイル」
適量摂取なら、悪玉コレステロールを減らす効果。
ビタミンE,ポリフェノール含有量は多い。

「ペパーミント」
リラックス効果また、抗菌、鎮痛作用があり、整胃腸作用など。
風邪やインフルエンザの初期症状、かゆみに効果的。
リラックス作用。

「ローズマリー」
神経系回復強壮、集中力向上、循環促進、殺菌作用など。

「カモミール」
アロマ効果があり、不眠などにも効果的。
消化不良の改善、過敏性腸症候群の緩和、創傷治癒、抗アレルギーなど。
また「治療する植物」とも呼ばれ、病んだ植物のそばに植えるとその植物が元気になる。

「オレガノ」
かのアリストテレス曰く「オレガノは万能薬」と。
殺菌作用があり、また気管支炎ぜんそくなどにも効果的で、消化の働きを助ける。
オレガノはギリシャ語で"山 oros"と"喜びと美 ganos"の意味からきていて、
"山の喜び"という意味だそう。


「フェンネル」
消化不良、食欲不振、消化器系などのトラブルに効果的。
フェンネルの種子はスパイスとしても使う。

「エルダーフラワー」
ビタミンCが豊富。
風邪やインフルエンザの初期症状に効果的。
花粉症やアレルギー性鼻炎や呼吸器系のカタル症状にも有効。

とは言え、摂取しすぎると逆効果なので、なんでも適量をバランスよくが一番!
(写真はドレッシング用に作ったそれぞれのハーブオイル)
f0326862_23515447.jpg
















「珈琲 十」さんは、一期一会の珈琲を淹れてくれますから~。
それは、2017年5月14日(日)の為の珈琲なんです。
『野菜のマルシェ。』用に、「どうゆう珈琲にするか?したいか?」から考えて、
豆を選び、味見をしながらレシピを作り淹れ方、味を決める。
今回レシピは決めていても、お客さんと会話をしながら、豆や淹れ方を変えて好みの味にするのだとか。
珈琲の即興ドリップ!
そりゃぁ~美味しいに決まっているじゃないですか!
楽しいに決まっているじゃないですか~!!

まぁどうしましょう!
みなさん明日の晩ごはんのメニューが決まりましたね。
清水農園さんのビタミンミネラルなどがたっぷりのお野菜に、清々しいハーブドレッシングをかけて食べたらムテキです。
でもその前に、「珈琲 十」さんの珈琲でリラックスして、好い時間をお過ごしください!


『野菜のマルシェ。』
5/14(日)
10:00~夕刻
いずん堂テラスにて

・清水農園さんの野菜
・「珈琲 十」さんの珈琲
・いずん堂のドレッシングとソース

そんじょそこらにあるものじゃございませんことよ。
毎月開催だけれども、このときのラインナップはこの日にしか御目文字かないません!!
ちっちゃいマルシェなのに重い?いやいや重くない!!
ぜひお気軽にいらしてくださいませ~

何卒よしなに。


ハーブにおける参考文献
『ハーブの薬箱』リエコ・大島・バークレー著 
『オーガニックハーブ図鑑』ジェッカ・マクビガー著
『暮らしのなかのハーブ』クニエダヤスエ、川久保和勇共著
など、いずれも文化出版局



261









[PR]

# by izundou | 2017-05-14 01:35 | Comments(0)
2017年 05月 09日

変わるものと変わらないもの

開店以来、変わらないことがいくつかある。
その中の1つ、旬のお野菜は清水農園さんのものを使っていること。
変わったことと言えば、そのお野菜をいずん堂のテラスでマルシェとして月1回販売する機会を得たこと。
そして、そこからの深化がまた面白い。

第2回目「野菜のマルシェ。」
5月14日(日)
10:00~夕刻
初めての試みとして、「珈琲 十」さんが特別出店!!
味わい深く、意味深くもある、やさしくて美味しい珈琲です。
今回は、母の日にもちなんで「贈る」をテーマにした珈琲とのこと。

打合せの時に聞いたのだけど、何やら楽しそうなことが!!
14日の日曜日のお楽しみ~

実は、「珈琲 十」の藤田くんは、夏にかき氷をお願いしている「かき氷 頂」さんでもあるんです!
あっ。ちなみに「こーひー とう」と読みます。そして「かきごおり いただき」と読みますの。
今年も夏のかき氷をお願いしているのだけれど、「皐月の心地よい時にスペシャリティーな珈琲も飲んでみたい!」とワガママを言い、お願いした次第。

いずん堂ブレンドは、ねじまき雲さんにお願いしている豆で淹れているが、この日だけお休み。
「いつもと違う」を味わうのも乙かと・・・
ということで、今年の藤田くんは珈琲でスタート!

ちょっと紹介しましょうか・・・
お年は下でも、尊敬する人が何人かいる。
その中のひとりでもある藤田くん。
彼は、高校生の頃から、人脈を可視化することに興味があったそうな。
「人と人とを繋げるように出会いたい」さらには「人と人とを繋げるために出合いたい」と・・・

私ら高校生の時って、部活に明け暮れ、毎週水曜日の夜7時から始まるアニメ観たさにその時だけは部活も早々に切り上げてダッシュで帰り、
おやつにジャムたっぷりの食パンを一斤食べて、月に1回友人と行く喫茶店でビッグパフェを食べることだけを考えていただけに・・・
その話を聞いただけで、「おっとな~」と思い、圧倒された。


そうねぇ。
例えば、お茶の世界では、お茶を飲むことだけでなく、それまでの過程や道具が会話のコミュニケーションツールだったりする。
亭主の想いは季節、空間、道具などで人をもてなし、言葉なき会話をする。
でも彼は推しはかるだけではなく、大好きな珈琲を、かき氷を通して訪れてくれた人と対面して会話をする。
そこに結界はなく、本当に自然に・・・
ずっと変わらない彼のスタイル。
「人と人との繋がりを大切にしたい」という想いからなのだ。
今度のマルシェでの珈琲も同じ。

その想いが一貫している彼の生業。
そんな彼の肩書は「コーヒィネーター」
ターミネーターじゃございませんのよ。
コーヒーをつかって地域やデザインをコーディネートすることだそう。

ひとつひとつ真摯に、そして丁寧に対応する彼の姿勢。
美味しい珈琲を淹れながら、ものごしやさしく話をしてくれる。
その時間も空間もあなたへの「珈琲 十」さんからの贈りものと思える。

こんなこと書いたら、ちょっとすごくない?と思うかも~。
大丈夫。藤田くんはかわいらしい青年ですから!
楽しいお話をしながら、今回のマルシェのために淹れる美味しい珈琲をどうぞ!!
もちろん旬で元気な「清水農園」さんのお野菜もおよろしく~

やっぱり、一番楽しんでいるのは、店主と助手だ・・・
こちらもちょっと宣伝しなくっちゃ。
店主の隠れキーワードは「ハーブ」
(写真は清水農園さんのお花に囲まれながらルンルンでハーブを摘む店主)
f0326862_12355963.jpg
























「野菜のマルシェ。」
5月14日(日)
10:00~夕刻
いずん堂テラスにて
ゲスト「珈琲 十」

店内の通常営業は、12:00~20:00(L.O19:00)


260











[PR]

# by izundou | 2017-05-09 12:53 | Comments(0)
2017年 05月 06日

楽しいは続く。

ゴールデンウィークもあとわずか・・・
その後のいずん堂は・・・

「野菜のマルシェ。」
5/14(日) 10:00~夕刻
2回目を開催予定!
定期的に毎月第3土曜日にしようかと思っていたけれど、もう少しいろいろな週でお試ししてみようかと。
ということで、第2週目の日曜日、5月14日に。
店内の営業は、12:00~20:00
(諸事情によりこの日は L.O.19:00)


清水農園さんの採れたて旬野菜はもちろん、前回好評だった清水農園の素材で作ったオリジナルのドレッシング&ソースのセットも販売予定。
こちらすべて売切れ御免なので、早い者勝ち~。

さらにさらに!!
今回、特別ゲストに「珈琲 十」さんをお招きして、美味しい淹れたての珈琲をテラスでどうぞ!!
この日は母の日ですから、日ごろお世話になっている母さまにテラスで一緒に飲む珈琲をプレゼントしてみては?
夕食は清水農園さんのお野菜を使った手料理をふるまったりして!!
野菜が欲しい方、興味のある方、「珈琲 十」さんの珈琲をお飲みになりたい方、お友達とデート・・・などなど。
なんでもいいからいらっしゃぁ~い!!

5月のマルシェのメダマはなんと言っても、いずん堂で「珈琲 十」さんの珈琲が飲める初めての試み!!
皐月の頃にテラスで飲む心地よさったらないですから!
したがって、いずん堂ブレンドはお休み~。
ぜひ、この機会をお見逃しなく~
いつもながらに、ゆるゆるとやりますので、何卒よしなに。



もう一つ。
『かきかき』2人展のお知らせ。

武蔵野美術大学を卒業したいずん堂の常連さん、ひとりひとりに想い入れや、思い出がある。
いずん堂は普通のカフェ。
でも、どうもムサビの学生さんにとっては入りづらいようだ。

hakodaさんは誰に勧められたでもなく、その重い扉をひとり勇気を振り絞って開いてくれた・・・
いずん堂にとって、ある意味学生第一号のお客さん。

彼女と出会ったときのことはよく覚えている。
5年前、いずん堂で「紙舗 直」さんの展示 ~ 紙を想う ~ 展を開催していた或る雨の日の夜。
長靴履いてひょっこりとひとりで「紙の展示がステキで気になって来てみました」と。
チャイを飲み、ゆっくり展示を見て、その中に欲しいものがあったけど「雨で作品がぬれちゃう・・・明日また来ます」と。
学生さんだから「多分来ないだろうな~」と思っていたら・・・
晴れた次の日、彼女は本当に来て、昨夜気になっていた紙を買ってくれた。
しかも、学校が休みなのにアルバイトの帰りにわざわざ。
嬉しくって、嬉しくって。
それ以来の常連さんである。
f0326862_17160723.jpg
























彼女はうふふ。となるような、なにげなくて、かわいらしい感性の持ち主。
(写真は今までの彼女が私たちを楽しませてくれたいろいろ)
今は、卒業してステキな社会人。
たまにひょっこり「ただいま~」と帰ってきてくれる。
そんな彼女の卒業後初めての展示。

iinoさんもよく学生時代に、ちょっと大人の雰囲気でお茶してくれたり、食事を楽しんでくれた大切な常連さん。
卒業後も当時の友人と来ては、ゆっくりしてくれる。
やはり、卒業してもわざわざ来てくれるなんて、本当に嬉しい!

今はそれぞれが忙しい中での2人展。
ふたりともフレー!フレー!


『かきかき』
5/12(金)~14(日)
11:00~21:00
於:ギャラリー イロ
武蔵野市吉祥寺本町1-37-7-101

花器 hakodaさん
描き iinoさん



259









[PR]

# by izundou | 2017-05-06 00:05 | Comments(0)