いずん堂のよろず

izundou.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 31日

伝、

素描家しゅんしゅんさんが、本日10月31日に素描集『主の糸』を刊行した。
3部作の完結編だそう。

1冊目は『糸と会う』
2冊目は『糸の泉』
3冊目が『主の糸』

『主の糸』は、しゅんしゅんさんが全国旅をし、その中で三十六ヶ所の古道具屋、セレクトショップやカフェ、パン屋などが掲載されている。
「しゅんしゅん」という名の通り、柔らかいタッチで丁寧に描かれた素描画に、見たこと。感じたこと。想っていること。主と会話したこと。などが綴られている。
しゅんしゅんさんの眼を通して見たお店の構図も様々。

そして、畏れ多くもいずん堂を掲載していただいた。
なんて、かっこいい言い方しても、心の中では「うっうれしいっ!!」と叫んでいる。
これ、正直な気持ち。
そして、歯が浮いてしまうほどのうれしい文章。
もったいなきお言葉・・・
我々が憧れているお店ばかり。それこそ、いずん堂以外、錚錚たるお顔ぶれなのである。

出版を記念して、谷保にある、やぼろじ内「circle gallery&books」にて
「しゅんしゅん 主の糸 原画展」を開催。
10月31日(金)から11月17日(月)迄
12時から19時迄 火水木 定休

おまけ。
いずん堂の店内でも、ちょっとだけしゅんしゅんさんの作品をあっちこっちにちりばめているので、探訪してみて。


104







[PR]

by izundou | 2014-10-31 20:40 | Comments(0)


<< 文化の日      臨時ニュース >>