いずん堂のよろず

izundou.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 27日

伝、「弦楽器の夕べ」

芸術の秋。
いずん堂で初めて音楽の生演奏会をしていただくことに。
先の「よろず」に登場したヴァイオリンの奏者。
その方の名は、新村隆慶さん。
偶然の点が線になり必然に・・・

友人の勧めで過日、挿花家の谷匡子さんの花を活けるパフォーマンスを間近で見る機会を得た。
その時に谷さんの挿花に合わせてヴァイオリンを奏でていたのが新村さん。
数日後、いずん堂の常連さんで、谷さんの挿花と新村さんのヴァイオリンの共演を観に行かれた方からお話しを伺っていたり・・・

数か月後、踊りで自身の表現をするムサビ卒の常連さんがいずん堂で打合せをしに。
踊りとヴァイオリンの共演をするからと・・・
踊りもヴァイオリンも即興で。

あれ?見覚えのあるお顔・・・
助手「谷さんの挿花の時にヴァイオリンを奏でた新村さんですか?」と・・・
新村さん「はい。」

それ以来、何度か新村さんも近くの際にはいずん堂に寄ってくださるように。



『 弦楽器の夕べ 』
日々の暮らしの中で、音に耳を澄ませる時間。

丁寧につくられた食事と、ヴァイオリンと琵琶の二つの弦楽器の響きをお楽しみください。


日時:2017年9月30日(土)


時間:開場 17:00

   食事 ~18:30まで

   開演 19:00


会場:いずん堂

   東京都小平市小川町1-741-53

   042-315-1106


料金:3500円(食事&ワンドリンク付き)

定員:15名

予約:お名前・人数・ご連絡先を明記の上、いずん堂のメールまでご連絡ください。

   izundou@jcom.home.ne.jp

   お申込み後、いずん堂より確認メールを致します。火曜休み

  (定員になり次第、受付は終了となります。)


演奏者

ヴァイオリン

新村隆慶 (Takanori Niimura)

埼玉県出身。

ヴァイオリンの音そのものが持つ力を引き出すことを心がけ、その場・時間限りの音を紡いでいく。

踊りや絵画、花活けとの共演も行う。

20169月、デザイナー猿山修氏によるレーベルより、オリジナルCD “scenes“を発売

f0326862_14064944.jpg













琵琶

新村康子 (Yasuko Niimura)

東京音楽大学ピアノ専攻卒業。

在学中に鶴田流琵琶と出会い、田中之雄氏に師事。

古典を参照しながら、西洋と東洋という境を越える演奏を探求している。楽曲制作や編曲も行う。

f0326862_14071487.png









































※微細な音や静寂を重視する公演となります。

 そのため、誠に恐れ入りますが、小学生以下のお子様のご来場はご遠慮いただきます。


274







[PR]

by izundou | 2017-08-27 11:49 | Comments(0)
2017年 08月 27日

名残の葉月。食欲の秋へ。

名残って余韻がある感じで好いなぁ~。
8月もあとわずか。
もうセミの声と鈴虫が同時に鳴いている。
立秋も過ぎ、暑さの中にもなんとなく秋の気配。

そうそう。
8月の予定が変更です。
本日の8月27日(日)の「店主の気ままな日」は気まま故、お休み。
でも通常営業は致しておりますので、何卒よしなに。
8月28日(月)は営業致します!!
併せてよしなに。

さて、現在「旅するそうめん」開催中。
夏休みどっか行きたかったな~
でも行けない・・・
じゃぁ。味覚だけでもどこかへ行こう!!
ということで、過去に開催した「世界一周食の旅」と「郷土料理を楽しむ」のリミックス企画でしたの。

9月4日(月)までの
「旅するそうめん」第2弾は・・・
・トムヤンクンのそうめん
・沼津産鯵と金目鯛をつかった宮崎県の冷や汁風そうめん
f0326862_00034907.jpg
























タイの「トムヤンクン」はスッパカライッ!!
玉葱をじっくり炒めて、干しエビと2種類の唐辛子、店主の大好きなスパイスをもりもり入れて作ったチリインオイルがベース。
それを出汁と合わせてつけダレに。

日本の「冷や汁」は宮崎県の郷土料理。
今回は、沼津産の鯵と金目鯛を使って旨味がギュッ!!
鯵と金目鯛を焼いてから身をほぐし、たっぷりのゴマと麦みそでごりごりとすり鉢ですり、オーブンで焼いてベースの味噌をつくる。
れそに出汁と合わせてつけダレに。

どちらも正直「はぁ~おいしいっ!」
もちろん、徳島県の半田手延べそうめんがあってこその美味しさになのよね~。
今回の企画の半田そうめんを食べなきゃ「あ~らら。人生ちょっと損してるぅ~」と思っちゃうくらい。
ぜひこの機会にどうぞ。

9月中旬に徳島県の路地ものを使った「旅するそうめん」第3弾ができれば幸いにて候。

と、その前に。
「かき氷 頂」さんのかき氷!!
みなさんからのご好評を頂き、この秋にもう一度出張かき氷が決定いたしました!!

「かき氷の日」
9月10日(日)
12:00~20:00
いずん堂テラスにて。

「かき氷 頂」さんの今年本当に〆のかき氷です。
食欲の秋のかき氷、秋晴れの下でのかき氷、秋の夜長のかき氷。
日本の風情を頂きます!

食いしん坊バンザイないずん堂。
美味しいことばかり考えている・・・
ちょっとは芸術の秋も考えよう!

武蔵野美術大学が近くってよかったぁ。
そうそう。ちょっと前にムサビ卒の常連さんが踊りとヴァイオリンの共演の打ち合わせに来てくれたっけ。
芸術だわ~。

つづく。


273










[PR]

by izundou | 2017-08-27 00:07 | Comments(0)
2017年 08月 24日

花と共に生きる

いずん堂で、花を挿すときは常に「野に咲くように、野に咲くように・・・」と思いながら挿すのですが、
一度で「好いんじゃない!?」となることもあれば、迷ってしまいせっかくの草花が妙な姿になるときもある。
なかなかどうして難しい。
でも、お花や草木が好き。
あっ。ちなみに毛虫くんはキライ。
というか、あんなにゴージャスな毛をまとっているのに見ることすらできない・・・
花をあるべき姿に活けることができる人ってカッチョイイ。
見習うべきことの1つ。

そう言えば、活け方を見習いたいし、個人的にも好きなお花屋さんがある。

「かるかや」さん
花の素晴らしい魅力を最大限にひき出すお花のプロフェッショナル。
そしてその活け方や魅せ方、そのゴージャスさにも圧倒される。
あんなにもダイナミックに花活けされるのに、みなさんとっても笑顔がステキで好いかたたち。
いずん堂が開店する時にいただいたミニ紅葉など随分大きくなりました!


同じように花を扱うことや活けることでも、また違った雰囲気の花や活け方、魅せ方があることを知った。
過日、その方の花を間近で見る機会に恵まれた。
それは友人の誘いで、花挿家 谷匡子さんの『花の呼吸を聴きながら』というテーマで、花を活けるパフォーマンス。
谷さんが花を挿し、それに併せてヴァイオリンを奏でるというステキな空間の共有だった。
花を活けた完成形は見ているけれど、花を最初から活けるのを間近で見ることがなかったのでとてもワクワクした。
しかも、花を活けることに合わせて、即興でヴァイオリンを奏でる・・
なんとも贅沢。
谷さんが花を選ぶ音、運ぶ音、切る音、挿す音。
それに合わせて奏でるヴァイオリンの音。
そして、お二人のなんとなくの呼吸。

花を選ぶこと、うつわに挿すことへの迷いのない所作。
花がそこにあることへの自然。
ステキだったな~。
また一つ。見習いたいお花の世界が見つかった。
(写真は『花の呼吸を聴きながら』の時の谷匡子さんの花)
f0326862_23152559.jpg






















花活けとヴァイオリンの共演は初めての体験、夢心地の世界観がひろがっていた。
お店を始めて想うことは、何かとともに生きる人って素敵だなぁ~。と・・・

芸術の秋の序にかえて・・・


272





[PR]

by izundou | 2017-08-24 23:16 | Comments(0)
2017年 08月 19日

残暑お見舞い申し上げます

立秋も過ぎたのね・・・
お早いもので。

そう言えば、隠れ家カフェって誰が決めるのかしら?
今回に至っては、自分で言ってもよいと思う。

だってだって。
外装工事の黒い覆いで隠れちゃってるじゃないの!!
普段から通りすがってしまう、1歩2歩の入り口の佇まいなのにね。
それだけじゃぁございませんことよ。
後半とはいえ、みんな夏休み。
街もご近所の学校も。いつも以上にひっそり。
隠れ家カフェではなく、隠れちゃったカフェよ。
でも、夜は業者さんが立派なスポットライトを2つも取り付けて下さったので、いつも以上に開かれたライティングに!
気ままにキャンドルナイトでもしてみようかなぁ。

ご来店の際には外装塗装工事につき、足元頭上、などなどご注意を。
そして、時間帯や風向きによっては少し塗装の香りもぷ~んとしてきますので、
ご迷惑おかけしますが何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

さて、夏休み企画後半戦として・・・


『野菜のマルシェ。』
8月20日(日)
10:00~
いずん堂エントランスにて

旬のものをいただくということは、これから成長しよう!としているものを食べること。
だから、とっても栄養豊富で旨味がギッシリ!!
そして「今月の野菜は何かなぁ~」と思うことは、日本の四季、季節を感じる楽しみにも。
いずん堂での「野菜のマルシェ。」では、清水農園さんの朝採れの元気な野菜といずん堂製ドレッシングとソースの販売。
マルシェにしかないお楽しみを是非どうぞ!
今月のみ、外装工事の都合上、テラス販売ではなくエントランスが会場です。
f0326862_23143492.jpg



















『旅するそうめん』
第1弾
「タイ グリーンカレーのそうめん」
「日本 具沢山15品 郷里の贅沢そうめん」
こちらのお味は、8月21日(月)まで。

第2弾は
「タイ トムヤンクンのそうめん」
「日本 冷や汁そうめん」
こちらのお味は、8月23日(火)~9月4日(月)まで。

いずん堂でのそうめんと言えば、徳島県の半田手延べそうめん。
ちょっと太めで、味よし、のど越しよし、風味よし!
なんでも自由に組み合わせもできるそうめん。
可能性は無限に。

この半田そうめんへの強い愛はどこから??
小学生の頃は、夏となれば毎日父が大好きなそうめん。
子供心にちょっと飽きる・・・
でもある日をきっかけに「夏は毎日そうめんが好い!!」になったっけ。
思い起こせば、中学の時。
徳島出身の父の友人、まきのくんちで食べたそうめんが衝撃的で感動したのを覚えている。
パーティーのようにみたこともないくらいに彩りがキレイで、たくさんの具で食べるそうめん。
「えっ!?全部のせもいいの?」とか「どの味で食べようか!?」とか・・・
とっても笑顔でワクワクしたなぁ。
そして、本当に美味しかった。
これが助手の「夏は毎日そうめん。具沢山で!」のルーツ。
以来、父と私は具沢山そうめんを「まきのくんちのそうめん」と呼ぶように。
今年はそんな「まきのくんちのそうめん」へのオマージュ、そして助手の具沢山そうめんの原点として
「具が15品! 郷里の贅沢そうめん」を。

「グリーンカレーのそうめん」は、「グリーンカレーの一歩先」がテーマ。
青唐辛子を刻み、店主の大好きなスパイスをゴリゴリと入れて、ココナッツミルクで普通のグリーンカレーをつくる。
そこから、つけだれとしてそうめんに合うように、出汁と隠し味を少々。
あと2日でいずれのお味はおしまい。


そして、9月にも楽しい美味しいことがっ!!
いずん堂の大好きな・・・
9月中旬に例の地ものが仕入れできるか!できないか??
ひょっとすると「旅するそうめん」第3弾があるやも!?


大好評にお応えして!!
9月10日(日)
「かき氷 頂」さんのかき氷が帰ってきます!!
食欲の秋のかき氷。
秋の夜長のかき氷。
芸術的なかき氷。
かき氷噺で、氷も話もモリモリ盛り上がりましょう~
本当に今年の〆のかき氷!
12:00~20:00
テラスにて。


うっふっふ。
9月下旬の土曜日に・・・
ステキな素敵な1日がっ!!
詳細は後日。

お楽しみにぃ~


271














[PR]

by izundou | 2017-08-19 23:22 | Comments(0)