人気ブログランキング |

いずん堂のよろず

izundou.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 13日

今の楽しい。と、これからの楽しい。

今の楽しい。は・・・
助手だけがうっふっふ。

めったに本を読まない助手。
珍しく、お気に入りの本を読み返している。

『画家たちの原風景』
堀尾真紀子著

この書籍を読んで、初めて知って、
そして好きになった画家が多い。
その中のひとりに、神田日勝がいる。
未だに本物の作品をみていないけれど、
この本を読む度に衝撃を受ける画家のひとり。


今の楽しい。に・・・
テレビ番組がいくつか。

「なつぞら」
どうやら今週で、ちびっこなつちゃん役の子が見納めみたい・・・
ちびっこなつちゃん相当かわいい。
そうそう。この番組を観ていて、ビンゴ!なことが。
なつちゃんの同級生。馬の絵を描く男の子が登場したシーン。
助手は「おやっ!?この子は・・・?!」と思った。
その「おやっ!?」がビンゴになった瞬間が今週に入ってのストーリー。
馬の絵を描く同級生、山田天陽くん。
彼をとりまく環境。。
「これは・・・画家、神田日勝がモデルでしょ!!」と。
密かに叫んでみた。
めったにやならいことですが・・・
思わず神田日勝記念館のTwitterで確認。
「ほらっ!ビンゴッ!!!」

すかさず、もう一度、
『画家たちの原風景』を読み返す。
テレビのシーンに近い情景がそこに書かれていて、
「もう~!もう~!」と大興奮。
助手ひとり、うっしっし。
でも・・・
ちびっこなつちゃんもちびっこ天陽くんも、今週で見納め。
もうちょっとちびっこ時代を観たかったな。。。


テレビっ子の助手のある一日。
朝の「おしん」からの「なつぞら」からの「なつぞら」
カフェでのお仕事挟んで、片付け掃除と仕込みなどが終わり、
夜の「なつぞら」からの「2355」からの「きのう何食べた?」
そして深夜の「コズミックフロント」
こらっ!ニュースも観なさいよっ!ですね・・・


さて、
これからの楽しい。は・・・
みなさんにとっての楽しい。に!

いずん堂のゴールデンウィークは、いつも通りの営業。
(定休日:4/29(月)30(日)5/6(月)7(日)はお休み)
人混みを避けたい方は是非いずん堂へ!
遠出をしたい方へのおススメ
生誕90周年記念
『ホルスト・ヤンセン展』
~坂本直昭の紙表装による~
4/26(金)~29(月)
5/3(金)~6(月)11(土)12(日)18(土)19(日)25(土)26(日)
10:00~16:00
場所:新潟県長岡市「小国芸術村 芸術村会館」
新潟県長岡市小国町山野田20
いずん堂で日本茶を楽しみたい方へおススメ
6月8日(土)(予定)
満を持しての日本茶のイベント!
場所:いずん堂
日本茶インストラクターの柿沼氏による
お茶を嗜好品としての提案と講座。
柿沼氏が厳選した新茶数種類と
いずん堂のちょっとしたものとのマリアージュ。
詳細は後日
7月に。
何か楽しいこと!
8月に。
何か美味しいこと!
発表は後日。
お楽しみにぃ~。
f0326862_20432190.jpg
(写真は、新潟県長岡市小国芸術村会館での「ホルスト・ヤンセン」展のポスターと八重桜と竹籠)

266





# by izundou | 2019-04-13 22:57 | Comments(0)
2019年 03月 31日

3/31/2019

今年は「平成最後の○○!」
と枕詞のように使っている。
ひとつの時代の終わりと始まり。。。
この瞬間を立ち会えるのも、我々がいまの時代にいるからだ。

現在助手は『まんぷく』ロス・・・
最終回で、真一さんと神部くんがそれぞれ
「満平くんと出会えてよかった、出会えたことは自分の宝です」と言っている。
助手もその時代に生きていたら、満平さんや福ちゃんにお会いしたいところ!!
(一番のお気に入りは、忠彦さんと名木くんのやりとりですが・・・)

さて、
店主と助手が尊敬するサラリーマン時代の大ボス。
仕事を通じたくさんのことを学び経験させていただいた中で、
以前言っていたことに今さらながら、心に沁みていることがある。

曰く
「人との出会いは、その時代、地域、自身のいる環境など様々な偶然からできている。
だから、その出会いは奇跡のようなもので大切であるから、お互いを大事にしないと」と。
大ボスは本当に人を大切にする方。
見習うべきところ。

我々が大ボスに出会い、仕事を通じて、
一つ一つの言葉や考え方を身近で感じ、
そこでの経験が、今のいずん堂に相当活かされている。
そして、まだまだ出来ていないことが多く、活かしていきたい。
そんなことを心にして、
これからも細々といずん堂を続けていけたら好いなぁ~。

こうして考えることができるのも、
同じ時代に、日本という場所、その環境に至るまでに
沢山の偶然が重なって、大ボスと出会えたことが奇跡であり、
感謝でしかなく、我々の宝となっていることにありがたく思っている。

2019年の3月31日。年度末。
そして、新年度に向けて想うこと。
でした!

今後とも、何卒、よしなに。

いずん堂
f0326862_00191472.jpg
(2019年 いずん堂的日本三大桜)




# by izundou | 2019-03-31 23:59 | Comments(0)
2019年 03月 25日

伝、

3月末の営業日時変更のお知らせ

3月28日(木)
12:00~14:00(L.O13:30)
お昼のみの営業。

3月29日(金)
貸切の為、通常営業は休み。

何卒、よろしくお願い申し上げます。




# by izundou | 2019-03-25 18:50 | Comments(0)
2019年 03月 22日

春。

過日、
陶展「てるんどさんのやきも」に
たくさんの方々にお越しいただきまして、
誠にありがとうございました。

いずん堂の原点である
陶工 渡辺輝人さんが、
「てるんどさん」として、
没後13年にして改めてみなさんに親しまれ、
作品が大事に引き継がれ、使い手の方々により
自由な表現でいかされていくことをとても嬉しく思いました。
会期中、店主も助手もみなさんと共に本当に楽しませて頂きました。
改めまして、御礼申し上げます。

また、陶展を開催するにあたり、
ご快諾くださいました、てるんどさんのご夫人、
協力してくれた学生時代の友人に
心より感謝申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、あっという間に3月も下旬。
年度末で、みなさんもお忙しいことかと。
でも、春。
ポカポカ陽気に花々が一斉に咲き、心地の良い季節。
お散歩&花見をしながら、いずん堂でひとやすみ。
好い春の過ごし方。
美味しいものを拵えてお待ちいたしております。
f0326862_16001669.jpg
f0326862_16003015.jpg
(写真上は、週末のお米の主菜:甘鮭のホイル焼き)
(写真下は、国産ブラッドオレンジと檸檬のドリズルケーキ)

少し、営業日時について。
3/29(金)貸切の予定の為、通常営業はお休み。
それに伴い、
3/28(木)はお昼のみの営業か、お休みの予定。

詳細が決まりましたら、再度お知らせ申し上げます。
何卒、よしなに。
f0326862_16020633.jpg
(写真は、花桃とミツバチ)

264






# by izundou | 2019-03-22 16:07 | Comments(0)
2019年 02月 22日

陶展『てるんどさんのやきもの』

陶展
『てるんどさんのやきもの』

日時
2019年2月22日(金)~3月10日(日)
12:00~20:00(L.O19:00)
2/26(火)3/4(月)5(火)定休日
場所
カフェいずん堂
小平市小川町1-741-53

陶工 渡辺輝人氏は
1971年 瀬戸に穴窯を築窯、
のち山梨に工房 九波窯を構え、
35年にわたり生涯作陶を楽しんだ。
いずん堂の原点である輝人氏の作品を
ご覧いただければ幸いです。 店主

(案内はがきより)
・・・・・・・・・

てるんどさんの思い切りの好い大胆で力強いフォルム。
でも優しさと緊張感も併せ持つ、なんとも好いやきもの。
穴窯で焼き締めたやきものの面白さ。
他には、自然釉(灰)、鼠志野、志野、青磁。
作品は、大壺から花器、茶碗、一輪挿しなど。
店内だけでなく、庭にも作品を置いてありますので、ぜひっ。
f0326862_00322245.jpg
f0326862_00313396.jpg

f0326862_00320093.jpg

※会期中の閉店時間は、20:00
(ラストオーダーは、19:00となります)
※作品のお持ち帰りは、なるべくエコバッグでお願いします。
いずん堂での包装もリサイクル袋を使わせて頂きます。
※5名様以上のお客さま、小学生以下のお子さんをお連れのお客さまは
ご遠慮いただいております。
※3月10日(月)は搬出の為、臨時休業。

263





# by izundou | 2019-02-22 00:39 | Comments(0)
2019年 02月 10日

てるんどさんのやきもの

陶展
『てるんどさんのやきもの』

日時
2019年 2月22日(金)~3月10日(日)
12:00~20:00 (L.O19:00)
場所
カフェいずん堂
東京都小平市小川町1-741-53

※2/26(火)3/4(月)5(火)は定休日。
※2/21(木)と3/11(月)は搬入搬出の為、臨時休業。
※会期中の閉店時間は、20:00 (L.O19:00)
f0326862_18340165.jpg


なになに?
てるんど!?
「てるんどさん」とは・・・
人の名です。
輝人さん。
いずん堂の原点。
そして、助手の学生時代の恩師。

陶工、渡辺輝人さんのやきもの展ということ。
なんぜ?いずん堂の原点?
助手の学生時代のニックネームが”いずんど”

”いずんど”というニックネームはどこから??
かれこれ25年前のこと・・・
いずんど「え~!?輝人と書いて ”てるひと”じゃなくて、”てるんど”と読むの?!
   名前に ”んど”がつくなんてすっごくなぁ~い?!
   うけるぅ~!じゃぁじゃぁ私にも名前の”んど”ちょ~だい!!」
てるんど「・・・うん・・・」
いずんど「今日から私のニックネームを”いずんど”に!
   わが師、”てるんど”から公認で名を頂きました!」
すると、まわりの仲間がこぞって
「え~私も!かずんど!ゆきんど!ゆかんど!ちぃんど!まどりんど!」などなど。
卒業するまで名前に”んど”を付けるのが仲間の間でちょっとしたブームに。
と、はじめは軽いノリであったのが、
今となっては、そうでなくてはいけない”いずんど”
そして”いずん堂”

まさか。この名をこんなにも愛おしく、25年以上使い続け・・・
まさか。この名のもとから、「いずん堂」と自分たちの店名にするとは・・・

もし今、てるんどさんが知ったら、「イッスッスッ」ってニコニコと微笑みながら静かに喜んだに違いない。
でも、てるんどさんはいずん堂に来ることはない。
わが師であり、陶工 渡辺輝人さんが亡くなって13年。
師への感謝の想いと、オープン以来ずっと陶展として開催したかった想いと・・・
渡辺輝人大回顧展としての意も込めて、
『てるんどさんのやきもの』を開催。


もう二度と作陶されない。
全て一点もの。
瀬戸の自分で造った穴窯で焼成されたものや、山梨の窯で焼成されたもの。
実用的なものから、花器、大鉢、これ何に使うの?というものまで。
生涯、好きなものを作りたいものを作陶し楽しんだに違いない。

てるんどさんのやきものが大切にされ、
お気に召した方々の手元で受け継がれるのであれば!
是非、この機会にいずん堂の原点となる逸品をご覧いただきたい。

いずん堂という、カフェを始めたきっかけでもあり・・・
助手は、もともとやきものには興味があり、
学生の頃「自分の好きなうつわに珈琲を淹れてもてなしたい」
という漠然とした気持ちから始まる人生の分岐点。
その分岐点に、てるんどさんがいた。
まだカフェめぐり、好きなうつわめぐり、そして・・・
社会人としての経験や、面白いもの素晴らしいものを目にする前のこと。
いずん堂にとってのちょっとした原点とも言える。のかな!?

陶展
『てるんどさんのやきもの』
2019年 2月22日(金)~3月10日(日)
12:00~20:00 (L.O19:00)
場所:いずん堂
東京都小平市小川町1-741-53
※2/26(火)3/4(月)5(火)は定休日。
※2/21(木)と3/11(月)は搬入搬出の為、臨時休業。
※会期中の閉店時間は、20:00 (L.O19:00)


262






# by izundou | 2019-02-10 22:41 | Comments(0)
2019年 01月 30日

2月の予定。

2月初めの候は美しい響きが。
節分に立春
いずん堂の庭の梅も咲き始めてる
春はそこに・・・

2/1(金)~3(日)の
週末のお米は、
節分と立春っぽいメニュー。
受験シーズンでもあるので・・・
昨年に引き続き、
己にカツ巻き。
節分の前日は、お稲荷さんの日らしいので、
お稲荷巻き。
そして節分なので、巻物にしている次第でして・・・
カットして出しちゃうけどね。
f0326862_22292668.jpg
お菓子は、
いちごと土佐文旦を仕入れたので、季節のフルーツを使ったお菓子と、
いつものあんこものと。


2/8(金)は、
メニューを縮小しての営業となります。


2/9(金)~14(木)の
お菓子は、バレンタインにちなんだ
チョコレートを使ったお菓子にしよっかなぁ。と。
珈琲に合うお菓子。
ホットココアと合わせて、お菓子とドリンクのダブルチョコでも!
甘くてお口が曲がっちゃうかも?!
チャレンジするなら、ぜひどーぞ。
でもやっぱり、ここは珈琲をおススメかなぁ~!


そして、満を持して!
いずん堂オープンして以来、ずっとやりたかった展示。
f0326862_22295808.jpg
陶展
『てるんどのうつわ』(仮称)
2019年 2月22日(金)~3月10日(日)
12:00~20:00 (L.O19:00)
場所:いずん堂
東京都小平市小川町1-741-53
※2/26(火)3/4(月)5(火)は定休日。
※2/21(木)と3/11(月)は搬入搬出の為、臨時休業。

鼠志野や利休好みの抹茶茶碗だったり。
灰釉の壺や花器。
瀬戸で作家が造った登り窯で焼成した陶。
薪が溶けて自然に付いた灰釉、
その景色の大胆さ、
緊張感と優しさとなぜか面白さがある絶妙なバランスの形の陶。
そして、どのように使うかは使い手しだい。それこそさまざま。

詳細は後日。


261




# by izundou | 2019-01-30 23:28 | Comments(0)
2019年 01月 18日

始まっています!!

『2018年度 武蔵野美術大学卒業・修了作品展』
1/17(木)~20(日)
9:00~17:00
場所:武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス
いずん堂は卒展仕様で営業中。
1/20(日)まで
12:00~20:00
(ラストオーダー19:00)

メニューは、イベントの時にしか提供していない
特製スパイスの効いたチキンカレー

他には、今回限定で
料理家 西川千栄さんにお願いして、
「あんしょこら」と
「米粉と和三盆ときなこのほろほろクッキー」を
特別に作って頂きました!
たくさん入荷できたので、卒展の記念やプレゼント、
千栄さんのファンの方、千栄さんのお菓子気になっている方、
いずん堂にふらりと来てくださった方、などなど
この機会にどーぞ。
f0326862_23431957.jpg
さて、
毎年恒例のいずん堂的ムサビの卒展おススメ情報。

大学院 油絵 2号館501
大学院 日本画 美術館
芸術文化 新見ゼミ 9号館508
工芸工業デザイン インダストリアルデザイン 14号館4階
ほかにもまだまだ。

学生さんたちが学んだ集大成!
全て見て回りたいけど、なかなかね・・・
お時間ある方やご興味のある方、お散歩ついでに!とか、
ぜひご覧頂きたい!


1/21(月)22(火)のいずん堂は定休日です。


260





# by izundou | 2019-01-18 23:50 | Comments(0)
2019年 01月 09日

2019年 よろしくお願い申し上げます。

いずん堂の2019年
本日、1/9(水)より始まりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。
f0326862_12423238.jpg
写真は、千葉の海からの初日の出。
太陽の光が扇の末広がりにもみえるので、
みなさまのご健康とご多幸と
いずん堂のもうちょっとの商売繁盛を祈念して!

さて、1月は中旬より
武蔵野美術大学卒業・修了作品展が始まります。
それに伴い、営業日時など変更がございますので、
何卒、よしなに。

『武蔵野美術大学卒業・修了作品展』
1/17(木)~20(日)に伴う営業について。

1/16(水)は、準備の為、臨時休業
1/17(木)は、貸切の為、臨時休業

1/18(金)~20(日)は、12:00~20:00(L.O19:00)
メニューは、特別メニューとなります。

よろしくお願い申し上げます。


259






# by izundou | 2019-01-09 13:01 | Comments(0)
2018年 12月 31日

2018年大晦日

大晦日。
12:00〜17:00
営業致し〼。
年越し蕎麦です。
.
今年は、長野県飯山市のそば処
手打ちそは職人「石田屋一徹」さんの
信州十割ぼくち蕎麦。

飯山市にいらっしゃる、我らのつよぉ~い見方、
Dさんにご紹介いただきました!
我々も、昔、飯山で石田屋さんのお蕎麦を食べた時、
「手打ちの蕎麦とはこんなにも美味しいものか!」と
感動したお蕎麦です。
.
そして、こちらのお蕎麦、普通の蕎麦じゃぁございません!
幻の蕎麦です。
つなぎにオヤマボクチを使用した
十割蕎麦です。
f0326862_10473286.jpg
オヤマボクチとは、ヤマゴボウの一種。
その葉からとれる繊維をつなぎに使用。
オヤマボクチを繋ぎに使った蕎麦は、
長野県北信州の古くから伝わる蕎麦。
一枚の葉からごくわずかしか採る事ができないことからも
大変希少性が高く、また加工が困難な為、生産量が少ないことから、
幻の蕎麦と言われるのだそう。
.
強靭ともいえるコシ、
モチモチとした弾力、
十割蕎麦とは思えないなめらかな食感。
.
石田屋さんのお蕎麦は、
畑作りからこだわり、蕎麦の実、
オヤマボクチに至るまで自家栽培、
自家製麺、
石臼挽き、
機械に一切頼らない製法で
全てが手作業にこだわった蕎麦です、
.
クセはなく、野山の風味で野手にあふれ、口の中に広がるふくよかな甘み、
じっくり噛んで味わえば、濃厚な味わいに深い滋味を感じる。
石田屋さんの
「信州十割ぼくち蕎麦」の説明より。
.
我々も食べましたが、その通り!
.
※茹で方を守って、ご注文頂いてから
一人前ずつ茹でるので、ご提供までにお時間を頂戴致します。
※蕎麦そのものをお楽しみ頂けるように、
冷たい盛り蕎麦のみです。
.
いずん堂初登場、冬に飲むと体の中からポカポカするホットビールあります。
.
毎年恒例、
料理家 西川千栄さんの
丹波の黒豆煮の販売が数量限定でございます!
「ふっくらおいしく炊けました」まさにこのこと。
とても上質な丹波の黒豆をちえさんの塩梅で
ふっくら上品な味わいになっています。
他では食べられませんので、ぜひこの機会に!

2018年の大晦日。
今年の〆めを味わいにいらしてくださいませー!
(通常メニューはお休み)


1/1(火)~8(火)は、お休みです。
(※1/5(土)・7(月)は貸切営業)

では、みなさま。
今年も一年大変お世話になりまして、ありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。
2019年が皆様にとりまして、ご健康で幸多き年でありますように!!

いずん堂。




# by izundou | 2018-12-31 10:49 | Comments(0)