人気ブログランキング |

いずん堂のよろず

izundou.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 29日

祝!

今月、日曜日のスープは、『夏を乗り切る身体作り』と題して、全5回シリーズに。
見事、全5回制覇した人物アリ。

最終日の今日は、来て下さる方々への感謝と、全5回制覇のお祝いの意を込めて、『紅白スープ』に。

f0326862_22153158.jpg















旬のトマトで、疲れた身体を癒す酸味のきいた「ガスパチョ」
そして、エネルギーとなり、ビタミンも豊富なジャガイモでこさえた「ビシソワーズ」

いろいろ勉強させてもらった、このシリーズ。
食べに来て下さった方々へ感謝の意を込めて・・・謝辞とす。


70






by izundou | 2014-06-29 22:24 | Comments(0)
2014年 06月 27日

朗報

先日、かわいらしい学生がひょっこり現れた。
なんでも、武蔵野美術大学発行の広報誌 『mauleaf』vol.16 に、いずん堂を掲載したいとのこと。
その前にちゃんといずん堂で食事をした上で、企画書や校正原稿をもって。
とてもありがたいお話。

後日、出来上がったばかりの掲載誌 『mauleaf』 をわざわざ持ってきてくれた。
“鷹の台くいだおれストリート” というテーマで、数ある飲食店の1つとして登場。

f0326862_20143922.jpg
















我々も知っているお店、知らないお店と、本当によくたくさん取材している。
各々のお店の魅力をたっぷりと引き出し、行きたくなる、食べたくなる内容である。

そして、いずん堂はというと・・・
“いつかは「いずん堂」”と、とてもくすぐったい内容で書いてくれた。
このような小さなカフェを見つけてくれて、尚且つ冊子に掲載頂けるという、我々のよろこびたるや!
そうそう、“いつかは” とはおっしゃらず、いつでもいらしてくださいな。


67







by izundou | 2014-06-27 11:39 | Comments(0)
2014年 06月 26日

星に願いを。2014

願い事週間始めました。
叶うといいね。
~7月6日(日)
於:いずん堂

f0326862_12015528.jpg
















66










by izundou | 2014-06-26 12:06 | Comments(0)
2014年 06月 22日

冥利に尽きる

落ち着いた雰囲気のカップルがいらした。
「おいしい」という言葉を聞くと、本当にうれしい。
食べ終わると、会計を済ませ、早々にお帰りになった。

片づけをし、団扇のおいてある砂糖入れを移動すると、一輪のバラが・・・

f0326862_17080780.jpg










紙ナフキンでこさえた、ステキなバラをお土産として置いていった。
たまに、お客さんが帰った後の机に、メッセージや洒落心のきいたものがお土産として置いてあると、
「カフェ冥利につきるなぁ~」と店主と嬉しくなるのである。

65







by izundou | 2014-06-22 17:19 | Comments(0)
2014年 06月 21日

2014年 夏至の日に

うちの店主は、盆栽のような店主。
この場所で、黙々と一所懸命。
この生業で、黙々と一生懸命。
まぁ。いろいろと時間のかかること。

トコロデ、いずん堂の進歩は、まだまだ続いている。
眼鏡をかけた不思議な仙人が、考えし我々の背中をポンと押してくれた。
そこから始まる、珈琲の深化。

f0326862_14253002.jpg













2014年、本日、夏至の日より
いずん堂の珈琲が、「ねじまき雲」さんによる焙煎豆に。
願いを聞きいれてくれた ねじまき雲さんが、
「珈琲を楽しむだけでなく、食後にも合う珈琲を。」と、誂えてくれた。
焙煎された豆たちは、深く、甘く、フルーティー。そして、どこかでお茶のような味わいも。

今までは、自家焙煎。
これはこれで、アッサリとして美味であった。

初めて感じたこと。
それは、ねじまき雲さんの焙煎した豆は、生きている!
毎回、淹れてビックリ。
ザ・ネジマメマジック!に脱帽。
ねじの子。雲の子。うふふふふ。

いずん堂が、細く長くちょっとずつ育ちますように。
そして、全てのご縁に感謝して・・・・

「ねじまき雲」 http://nejimakigumo.bitter.jp

63







by izundou | 2014-06-21 11:12 | Comments(0)
2014年 06月 20日

スモーク

ボヘミア~ン!な感じ。
f0326862_20363964.jpg














モホモホしとる。
その名も、スモークツリー。
このモホモホは枝?花?葉?
不思議。

いずん堂のスモークサーモンは不思議ではない。
だって、店主がお庭でモクモクとスモークさせたサーモンだから。
それを定番のいずん堂サラダとして提供。
f0326862_20372314.jpg
















¥300也

62







by izundou | 2014-06-20 14:35 | Comments(0)
2014年 06月 19日

日暮れのパスタは・・・

茗荷の季節。
食べると必ず思い出す、日本昔話。

『茗荷と女房』
むかしむかしあることろに、ごっそり大儲けを企む宿屋があった。
ある日、大金をもった客人が泊まることに。
そこで女房は、たくさんの茗荷を食べさせ、財布を忘れて帰らせようと企てた。
酒を出し、茗荷づくしの料理・・・。
客は上機嫌になり、次の朝帰っていった。
女房は、大急ぎで「財布を忘れてないか!」と部屋を探し始めたが見つからず、
逆に宿代を払い忘れて帰ってしまったことを思い出した!
客人を追いかけたが見つからず、実は女房の方が茗荷料理の味見をしすぎて忘れっぽくなり、宿への帰り道を忘れてしまったとさ。
おしまい。

どうも、「茗荷を食べると物忘れがひどくなる。」とは迷信らしく、
茗荷の香味で、集中力がアップするのだそう。

そういえば、茗荷を食べると、必ずこの昔話を思い出す。
忘れないではないか。

今週、いずん堂の17:00~の「日暮れのパスタ」は、
レモン入り 生ハムと茗荷のトマトソース。

60







by izundou | 2014-06-19 16:10 | Comments(0)
2014年 06月 18日

焼きたて

f0326862_17290651.jpg














ボンジュール。
美味しそう。
サンドウィッチに次ぐ、定番のお品書き。
キッシュ。(パイ料理の一種で、フランスのロレーヌ地方の食べ物)
今週は、鶏ささみとペンネリガーテのキッシュ。

手間がかかるうえ個数が少ないので、なかなか賄いでもお目見えしない。
是非一度、お召し上がりのほどを。

58






by izundou | 2014-06-18 17:41 | Comments(0)
2014年 06月 17日

かき氷

この週末は天気がおよろしくて。
或る二人が、いずん堂近くの上水公園で素敵なお福わけをしてくれた。

それは、青空のもとでの“かき氷”。
大きな氷機を使い、慣れた手つきで目の前でゴリゴリとこさえてくれた。
自らこさえた果実のソースを、氷、ソース、氷、ソースとミルフィーユ状にしてふるまってくれた。
なんと贅沢な。
暑い日に、公園の木陰のベンチで食するかき氷は実に最高。

f0326862_14043744.jpg















お味は、イチゴとレモン。
フレッシュで美味しかった。

夏。いつの日か。
いずん堂で、彼らのこさえるかき氷屋さんを出店してもらいたい。







by izundou | 2014-06-17 14:09 | Comments(0)
2014年 06月 13日

用の美

学生時代に衝撃を受けた思想であり、言葉である。
日常生活の中にある実用品の美しさ。
それ以来、いずん堂の“好い”の基本的理念でもある。

「用の美」
民藝運動に関わりし、王道なる言葉。
柳宗悦をはじめ、彼らが提唱する“用の美”は「無名の職人が手作りする日常品の中にある」と言うが、
今思うに、かたちあるもの全てに在ると思う・・・
あらら。薄ら語りが止まらない。

これだって“用の美”なのである。
おもしろ消しゴム。
素晴らしい作り。そしてちゃんと消せるのである。
これは、和菓子の消しゴム。
しかも、鯛焼きのしっぽからあんこが出てる心にくさ。
かなり好い。かなり最高。
f0326862_15245427.jpg












そういえば、6月16日は和菓子の日。
いずん堂にも和菓子がある。
珈琲と合うのだ。

器という、用の美。
食という、用の美。
いずん堂で体験しませんか?









by izundou | 2014-06-13 17:35 | Comments(0)