人気ブログランキング |

いずん堂のよろず

izundou.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 21日

節目

いずん堂のブログは、幻のブログも含めて、このページが記念すべき100記事目。
ご笑覧くださる方がいらっしゃることは、とてもありがたきこと。

100と言えば・・・
『料理通信』が今100号記念。
好い雑誌である。
食の専門誌。

レストランはもちろん、小さなカフェや産地までも大切にし、
食だけではなく、人を大切にする雑誌というのが伝わってくる。
特集が独創的だったりして面白い。
そして、毎号楽しみな服部先生の連載など。

この雑誌は、食についての大先輩からお勧め頂き、面白いので定期購読していた。
(途中諦めたこともあったり、今はなかなか手が出ないので気になる号だけにしている)
サラリーマン時代は偶然にも仕事に役立ったり、今は参考書として少しバックナンバーをとっておいている。

ちなみに前回は「カフェとスイーツ」。
で、今は記念すべき100号は「プレミア食材&レシピとは」
現在、青山ブックセンター六本木店にて、バックナンバーを取り揃えたコーナーがあり、手にすることができるらしい。
『料理通信』以外にも、編集の方がおススメする食に関する本も取り揃えているとか。
行きたいなぁ。

雑誌をそうそうに買えない身分としては、せめてメルマガに登録をして楽しんでいる。
そうすると嬉しいおまけがあった。
「編集長メール講座」
店を経営していく上で大切なことが全6回届く。
雑誌作りの方が、店づくりを応援してくれる。
お会いしたことはないけれど、何だか嬉しい。

記念の100号。お小遣い握りしめて買いに行かなきゃ。


100









by izundou | 2014-09-21 14:31 | Comments(0)
2014年 09月 17日

拝啓 みなさま

漫画喫茶無事終了。
お越しくださったみなさまに感謝申し上げ候。
本当にたくさんの方々にご協力いただいたことを、ありがたく存知上げ候。

この企画をきっかけに、漫画について話す機会が多かった。
読む人、読まない人、昔よく読んだけど今は読まなくなった人、今回初めてハマった人、そして漫画をつくる人・・・。
それぞれが、それぞれの想いや考え方、接し方があって面白かった。
(これは漫画に限らず、すべてのことに通じると思うが)今回は「漫画」を通していろいろと経験ができた。
まさに十人十色。
好い言葉だ。カラフルできれい、なんだか個々がキラキラと輝いているように思える・・

本当にありがたきことを皆さんから学ばせて頂いた。
これからも末永くお願い申し上げ候。

いずん堂 拝

99







by izundou | 2014-09-17 17:57 | Comments(0)
2014年 09月 14日

すっかり秋

夏の企画として始めた「漫画喫茶」
気がつけば、もう秋の香り。

本日、最後のおススメ漫画。
〆を飾るのは、『もやしもん』
これは、発酵と菌のはなし。

店主が菌を育てるように、じっくり時間をかけて読んでいた。
おもしろいテーマを漫画にするなぁ。

この漫画をおススメくださったのは、ねじまき雲さん。
曰く「辞書みたいな漫画です。」と・・・
さすが。
店主にはおもしろく、更にとても興味深く、勉強になったそう。
f0326862_17320235.jpg
















他にも『風の谷のナウシカ』がより解るようになるコミック誌。
びっくるするほどの貴重本『花いちもんめ』など、ご推薦頂いた。
考えられたチョイスとねじまき雲さんの蔵書に脱帽。

食欲の秋、芸術の秋。
漫画でもたくさん学び、いずん堂でたくさん食べよう!


98







by izundou | 2014-09-14 17:34 | Comments(0)
2014年 09月 13日

お誂え

「紙舗 直」と漫画。合う。

「まんがノート」和綴じ版
f0326862_14135831.jpg
















カバーは、「紙舗 直」さんの紙。
高知県の手漉き和紙に天然の土や草木で染めたもの。
ノート部分のカット割りは、『孤独の輪行』俵山温泉のカット割りを使わせて頂いている。

いずん堂オリジナルで、漫画喫茶用に誂えたもの。
枠にとらわれず、自由にかいていただければ幸いに。


さて、本日のおススメ。
『珈琲もう1杯』
 短編もの。
 物語の中に必ず珈琲が出てくる。
 なんとも言えないエッセンス。
『じゃりんこチエ』
 我々としては、懐かしい。
 かなりシュールな感じ。

 この漫画は、「かき氷 頂」の藤田氏におススメ頂いた。
 氏曰く「なんか好きなんですよ」と。
 確かに、読んでみて、なんか好い・・・

そうそう、9月15日(月)夕刻より
漫画喫茶の〆は、「かき氷 頂」による、かき氷nightで。

よしなに。


97







by izundou | 2014-09-13 22:59 | Comments(0)
2014年 09月 12日

伝、

「 言之葉 」展
2014年9月15日(月)~9月20日(土)
於:表参道画廊 +MUSEE F
f0326862_17345629.jpg














紙を通して知り合った男達が、光と影をテーマに作品を展示。
写植家、版画家、紙工家がそれぞれに感じ、表現する光と影とは?

「はっ!」とするような、彼らの現在が見える世界に違いない。
是非、お運びください。


96







by izundou | 2014-09-12 17:40 | Comments(0)
2014年 09月 11日

取扱い説明書

今回、店内も探索できるように、ちょっとテーマごと。

入ってすぐ左の棚には、今回漫画喫茶のキッカケともなった『ブラックジャック』が鎮座。
その下の漫画たちは、読むとなんとなく幸せな気分になるものばかり。

正面は、超レアな同人誌漫画。拝御礼(おがみお れい)氏の全作品がずらりと。
この同人誌、普段御目文字叶わないものばかりなので、是非手にとって見てみよう!

もう少し中へ・・・
壁には漫画が額装されており、これは一つの絵として捉えた見方を楽しもう!
今回用に「紙舗 直」さんの土で染めた和紙に誂えた絵も見ごたえあり。
「紙舗 直」の紙と漫画。なんか、合う。
f0326862_14435583.jpg















そして棚には、学園青春もの・食や珈琲に関するもの・時空を越えるもの・そして夏に涼しくなるように怖いもの。
カウンターには、歴史もの・文学作品・学術もの・芸術もの。そして、悟りたい人へのもの。
入口棚の奥には、ビジネスもの・スポーツものなど。
f0326862_14461090.jpg










と、大きく出たが、いずん堂らしく小さくまとまっているので、ゆっくりとお楽しみのほどを。
どれも自由にどうぞ。


さて、本日のおすすめ。
『百鬼夜行抄』『蟲師』『虫けら様』
夏の企画なので、少しでも涼しくなるよう、怖いものコーナーに在中。
でもめっきり秋らしくなり、涼しくなるためのおススメというより、秋の虫がチンチロリンと騒ぎ出すので、虫をテーマとす。
妖怪の話。
不気味なようで、かわいらしいような。現実にはないその世界についつい惹き込まれ・・・
そして妖怪を理解するような。虫目線になるような。
不思議。
儚いのである。

そうそう『百鬼夜行抄』『蟲師』は、ちょっと知ってるヲザーさんからのおススメ。
『虫けら様』は、かき氷 頂 のともさんのおススメ。
なかなかのチョイス。


95







by izundou | 2014-09-11 20:06 | Comments(0)
2014年 09月 10日

本日の漫画

漫画喫茶は残すところあと1週間。
一番満喫しているのは、ひょっとして店主と助手?!
この企画は、たくさんの方々のご協力でできたもの。

さて、本日の漫画。
『はちみつとクローバー』『3月のライオン』

『はちみつとクローバー』の舞台は、武蔵野美術大学。ご近所なので、とっても親近感が湧く。
『3月のライオン』は、将棋のはなし。勉強にもなる。
読んでいて、最終巻が近づくと、「この人たちと別れたくない!終わらないで!」と、思ってしまうほどの漫画。

この漫画は、地元を愛し、地元のみんなに愛される陶芸家、鈴木満美さんご推薦の漫画たち。
鈴木さんから「いずん堂さんにムサビの学生さんがいらっしゃるので、是非その学生さんたちにも読んでいただければ。」と。

f0326862_18233753.jpg












その他には、宮沢賢治原作の『銀河鉄道の夜』『アタゴオルの玉手箱』『風の又三郎』もご推薦いただいた。
こちらは「宮沢賢治を知らなくても、是非お読みいただきたい。そして宮沢賢治の作品を知るきっかけとなれば!
とてもリラックスできる漫画で、夢の中にいるような気分になれます!」と、鈴木さん。

また、ひっそりした時間に読む楽しみが増えた。
(おっと。これはこれは・・・お客さんが楽しむ時間のこと。)


ちなみに、いずん堂以外で、鈴木さんのうつわで食事ができるところ。
鷹の台駅近くの「カフェ サンティ」のカレーのうつわ。と「喫茶店シントン」の珈琲とケーキのうつわ。
うつわが好いと、食事もさらに美味しくなる。楽しくなる。


94








by izundou | 2014-09-10 13:57 | Comments(0)
2014年 09月 04日

これでいいのだ。

たべるもの。
暑い時に冷たいもの。正解。
寒い時に温かいもの。正解。
暑い時に熱いもの。正解。
寒い時に冷たいもの。正解。
どれも正解。

今週末の6日(土)と7日(日)。
「かき氷 頂」によるかき氷屋さんがいずん堂に出店。
暑くても、寒くても、この日はかき氷を食べるのだ。
そして今回、新作かき氷も御目文字叶うかも?!
他にも、旬の果実でコトコトこさえた濃厚ソース。
お口の中は冷たくても、「美味しくて食べてよかった!」と心が温まる。
そんな彼らのかき氷。
是非召し上がって頂きたい。
そうそう、夜のいずん堂で“大人かき氷”もまた乙。


おまけの付くはなし。
同人誌漫画家、拝御礼氏の小径自転車の旅漫画シリーズ。
名を『孤独の輪行』『輪行日記』など。
実際に氏が旅をし取材をし、それを漫画にしたものである。
同人誌なので、全て氏の手でこさえられたもの。
臨場感があり、楽しそうで何故かお腹も空いてくる。いろんな意味で面白い。
そんな一生懸命な同人誌。
ご購入頂いた方に、これまたいずん堂が一生懸命こさえた“オリジナルのおまけ”が付いてくる。
ここにしかない価値。
ふふふ。買わないとわからない・・・?!
f0326862_17335549.jpg











93







by izundou | 2014-09-04 17:59 | Comments(0)
2014年 09月 03日

スダチ

四国が好き。
特に徳島。自身のルーツだから。

これから、スダチの季節。
カボスではない。
いずん堂の季節のお飲物で、「生絞りスダチネード」を出していたが、今は完売中。

先日、徳島の本家から、庭で実った天然無農薬のスダチが少しばかり届いた。
なんとも愛おしい。
大好きな伯父と伯母が、「おいしくなぁ~れ」と可愛がりながら育て、棘と戦いながら採ったスダチ。
「一番に実った流行りものだ」と送ってくれた。
皆さんに、もっとスダチを知っていただきたく、数量限定で再開しようかな?とも。
でも、まだ実が若いので、9月下旬にたくさん入荷できたら・・・
庭に実った大地の恵みは、見た目は不格好、種は多い。でもとってもジューシーで香り高い。
そんなこんなで、さらに愛おしくなる。
f0326862_13495713.jpg
















9月下旬に、この徳島の宝、いずん堂の宝を「生絞りスダチネード」として、お福わけできますように。

おまけ。
スダチの活用法の初級編は、焼き魚に、蒸し野菜に、お肉に、お豆腐に、お刺身に・・・
上級編は、お味噌汁にうどんやそーめんに・・・
高級編は、マツタケの土瓶蒸しやお寿司のお供に。
活用法は無限なのである。


92







by izundou | 2014-09-03 14:11 | Comments(2)