人気ブログランキング |

いずん堂のよろず

izundou.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2019年 05月 25日

水無月の蒼い風~新茶を愉しむ~(新茶葉の予約販売について)

「楽しいぃ~、おいしいぃ~、日本茶話はいかがでしょうかぁ~?!」
新茶って?
品種でどんな違う美味しさがあるの??
日本茶の歴史は?
日本茶の愉しみ方は?
そんな話も柿沼氏に聞いてみよう!

『 水無月の蒼い風 』
~新茶を愉しむ~
日時
6月8日(土)
・11:00~13:00
・14:30~16:30※空わずか
・18:00~20:00
各回10名(要予約)

場所
カフェいずん堂
東京都小平市小川町1-741-53
042-315-1106

日本茶話:柿沼信利
料理:いずん堂

会費:3800円
(新茶3種・旬菜付き)

予約は、メールにて
izundou@jcom.home.ne.jp
お名前、お電話番号、希望時間、参加者数をご記入下さい。
折り返し確認メールいたします。

f0326862_19062802.jpg
さて、
「おいしいぃ~、おいしいぃ~、日本茶はいかがでしょうかぁ~?!」
『 水無月の蒼い風 』~新茶を愉しむ~
柿沼氏厳選の新茶葉、当日参加者の方にお飲みいただく3種が決定いたしました!

また、その新茶3種の販売も致します!
新茶って、やはり出荷量が決まっているから数量限定。
そして中でも、なっかなか市場に出回らない希少品種も!

確実にゲットしたい方は、ご予約を~


1、春先取り新茶・・・種子島
80g 2500円
日本一新茶の摘み取りが早い種子島産の新茶。
(2019年の種子島新茶は全国的にみてもとても良い出来)
桜の葉の香りやハーブのような心華やぐ香りが特徴の
「くりたわせ」という珍しい品種。


2、宇治摘みたて新茶・・・京都
100g 2000円
熟成された奥深い香りと茶味(チャミ)が特徴の
”宇治茶らしい”新茶。
蒼い香りがありながらも、新茶とは思えないほど力強い味わい。


3、清明(せいめい)・・・静岡
50g 3500円
単一品種、単一畑、単一生産家(名人)による
茶葉だけを使って手間暇かけて作られた
”シングルオリジン”の新茶。
希少品種「近藤早生」が持つ
蓮華や百合の花を思わせる華やかなアロマが際立ちます。
極めて出来の良いシングルオリジンならではの、
甘く長い余韻に酔いしれていただける逸品です。
ご参加の方は、当日のご購入もできますが、
確実に!という方の為に、先行予約をメールにて承ります!
izundou @jcom.home.ne.jp
お名前、ご希望品種、数量、をご記入ください。


『水無月の蒼い風』のご参加をきっかけに、
「もともとお茶好き」とか、「もっと日本茶を”楽しむ”から”愉しむ”にしたい!」とか、
興味があるから思い切って「えいっ!やっ!」と参加してみてとか・・・
理由は十人十色!
ご自身の日本茶生活が充実するのも間違いなしっ!!


269







by izundou | 2019-05-25 19:41 | Comments(0)
2019年 05月 16日

外食は勉強

ごくごくたまに・・・
大好きなお店や、美味しいと思うお店、行ってみたかったお店に行って
食べたり、飲んだり、買って帰ってきたり。
ごくごくたまに・・・ね。
そういったところは、しびれるほどに美味しくて、見ても美しい。
そして、店内、料理、ドリンク、サービスなど全てが勉強になる。

話は変わって・・・
助手は、前職場でも人には本当に恵まれていて、
在職時代からカフェをやりたいことへの理解があった。
そして、いまだに本当によくしていただいている。
お店にも来てくださったり。
たまに外でお会いすると「お店の参考になるでしょ?」と、
参考だなんて・・・畏れ多いようなステキなお店に連れて行って下さったり。
本当に勉強になるし、至福のひとときでもある時空間。

春を感じるころにお会いした時も、都内のフレンチ!!
そこで、また大きな感動と勉強を・・・

ドリンクはアルコールは飲めないから、ソフトドリンク。
いずん堂でも、好い果物が入荷できたらフレッシュジュースにすることがあるので、
どんな感じだろう?と、フレッシュピーチを頼もうとしたら・・・
「ピーチはいつでも飲めるから、ここのお店にしかないような出し方のお茶があるよ。
こちらにしたらよいのでは?しかも3種類。なんかおもしろうそうじゃない。」と。
助手「え~お茶ですかぁ??」
「なんか珍しそうな紅茶もありますしね~。」と。
助手「え~紅茶ですかぁ?」
しかも気になるのは・・・
そのお値段!!
一瞬お目目が飛び出しそうに!!
心の中で「すんごいっ!!」と叫んでしまった・・・

そして、運ばれて来るお料理の盛り付けと色彩と食器と!
全てが美しく、発想と色彩がなんと豊かなことでしょう。
味はさすがの美味しさで、本当に久ぶりに、感動する!
「美味しいってこうゆうことですね!」と頷くことしかできない。
サービスの方も、物腰優しく、優雅で無駄のない動きにうっとり。
説明も会話もお上手。
と、いまだに浸っていますが・・・
もう、絶対私にはむりぃ~。

肝心のドリンクね。
最初、ピーチが飲みたいと言っていたことを覚えていてくださり、なおかつアルコールダメ。
アミューズ・ブーシュには、ピーチをノンアルコールシャンパンで割ったカクテルに。
おっとなぁ~。合うあう!!

前菜には、ゆっくり水出ししたダージリンをワイングラスで。
その旨味と甘味のみに正直ビビりました!
そしてダージリンの王様としての香りと味がしっかりと。
こんなにもまろやかで優しいのに、お味はしっかりとして雑味のないダージリンは初めて!!

メインには、こちらも水出しのジャスミン。
スッキリとしているのに、グラスの中からあふれ出さんばかりの香がなんとも豊で!
透明感のある味のジャスミンティー。
でも、メインの美味しい脂と味の濃さとに丁度いい!

もう、目の覚めるような衝撃!!
もう、お値段も納得!!

ドリンクで出されたお茶の味が感動的にすごいだけでなく、
料理に合ったそのお茶のすごさとそのチョイス。
料理とドリンクとのマリアージュたるや!
お互いの味を損ねない一番良い、なんとも言えない絶妙なバランス。
これ以上の説明は・・・・
避けましょう。

何故なら・・・

「水無月の蒼い風」
~新茶を愉しむ~

6月8日(土)

新茶3種と
品種に合わせた旬菜の
マリアージュを
柿沼氏の日本茶あれこれのお話を聞きながら、
愉しむ会です。

あれれ??
なんか、似てる・・・

そう、助手が春の頃に経験させていただいた
あのフレンチレストランでのようなことが・・・
なんと!いずん堂でも!!

まさか、このような形であの時の経験が似るなんて!!
「ここのお店にしかないような出し方のお茶があるよ。
しかも3種類。なんかおもしろうそうじゃない。」と・・・

まさに、そうなんです!
これは似せたのではく、自然と。必然と。
1月の打合せで柿沼氏からの提案で、ある程度な大まかな流れで決まっていたの。
柿沼氏が「今回用に厳選した新茶を3種。その品種に合わせたいずん堂の旬菜を」と。

しかも、本当に出回らないような希少な日本茶の品種も!
柿沼氏曰く
「より多くの方に日本茶の良さ、嗜好品としての日本茶を知っていただきたい」と。
「日本茶の旨味、甘みが一番よく出る、(カフェインが少ない出し方)
前日から仕込んで十数時間かけてゆっくりと氷り出しで。
日本茶をワインのように、嗜好品としての愉しみ方を。」と。

ふと、考えたら、自分が経験させて頂いたことが、
これから開催するイベントに自然と似たような状況になる偶然があるのか!と、
やや興奮気味に、「よろず」とポチポチ打っていたら、
ポチポチではなく、ダダダダダっ!と連打し長文となっとりました・・・・

とにもかくにも、
前職の方々からは、贅沢で立体的な教育をしていただけて本当に感謝に尽きない。
帰ってから、写真を見せながら、店主にあれやこれやと説明と感動の嵐。

そんなこんなで。
まさか、この経験がすぐにお客さまに還元できるなんて、本当に嬉しいです!
あっ。でもレストランのようにはいきませんよ~
いずん堂はカフェですからっ!!


「水無月の蒼い風」
~新茶を愉しむ~

6月8日(土)
11:00~1300
14:30~16:30
18:00~20:00
各回10名(要予約)

日本茶・新茶についてお話し
日本茶インストラクター
柿沼信利氏

料理
いずん堂

場所
東京都小平市小川町1-741-53
カフェいずん堂
042-315-1106

新茶3種と
品種に合わせた旬菜の
マリアージュを
柿沼氏の日本茶あれこれのお話を聞きながら、
愉しむ会。

予約は、メールにて。
izundou@jcom.home.ne.jp
お名前、お電話番号、希望時間、参加者数をご記入ください。
確認のため、折り返しメールさせて頂きます。
f0326862_23113302.jpg
(写真は参考、打合せ時の試飲と試食)

268




by izundou | 2019-05-16 23:34 | Comments(0)
2019年 05月 14日

水無月の蒼い風~新茶を愉しむ~

水無月の蒼い風 ~新茶を愉しむ~

日時
令和元年 6月8日(土)
11:00~13:00
14:30~16:30
18:00~20:00
各回10名(要予約)

話し手
日本茶インストラクター
柿沼信利氏

場所
カフェいずん堂
東京都小平市小川町1-741-53
042-315-1106

会費
3800円
(新茶3種と旬菜付き)

お申し込みは、6/6(木)までにメールにてお願い申し上げます。
izundou@jcom.home.ne.jp
お名前、電話番号、ご希望時間、人数をご記入ください。
メールをお受けしてから、確認のため返信申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

全国の日本茶が出揃うころ
日本茶インストラクター 柿沼信利氏をお招きして、
日本茶を嗜好品としての愉しみ方、嗜み方のお話を伺います。
通常、いずん堂のメニューに日本茶はございません!
今回、満を持しての!!新茶を愉しむ会です。
柿沼氏厳選の希少なお茶を贅沢に使って、
日本茶をまるでコース料理と共にワインを楽しむかのように・・・
新茶の蒼い香り、味わい、品種に合った、
旬の食材とのマリーアージュをお楽しみ下さい。

店主
f0326862_19145701.jpg
(写真は見本、打合せ時の試飲)

267






by izundou | 2019-05-14 19:21 | Comments(0)