いずん堂のよろず

izundou.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 01日

新茶のころ

本日より五月。
そして、いよいよGWに。

 ~5/6(火)は通常通り営業
12:00~20:00(L.O19:30)

5/7(水)はお休み


新茶が入荷次第、新茶のチーズケーキに。


定番のサンドウィッチはこのような。
f0326862_16390740.jpg
















定番のキッシュはこのような。
f0326862_16394990.jpg

















金曜・土曜限定のお米はこのような。
f0326862_16410467.jpg
















日曜限定のスープはこのような。
f0326862_16415283.jpg



















[PR]

# by izundou | 2014-05-01 16:56 | Comments(0)
2014年 04月 30日

たくさんの魅力

つづき。

なんと、この3日間でルービックキューブの認定書保持者が2名も現る。
隠れた才能が開花する瞬間をみると、ゾクゾクする。
その人たちの魅力が、また1つ増えた。



武蔵野美術大学の学生の才能と魅力が溢れる優秀作品展を観た。
f0326862_16285644.jpg


素晴らしかった。刺激を受ける。


和紙を使ったインスタレーション
イワシの群れが泳いでいるかのようなファッション
手刷りの和綴じや特装された本
寄木造りの彫刻などなど・・・




ムサビの面白さが、また1つ増えた。
しかしながら、本日まで。







本日より 
小国芸術村特別展
『田中彰と五人の伝』

f0326862_16384999.jpg



ヒマラヤ杉と紙
写真と紙
立体と紙
版画と紙
建築と紙
写植と紙







それぞれの丁寧な仕事。
それらは紙舗 直の紙を通してどう伝えるか。伝わるか。
見えてくる何かがある。
行かなきゃ、見えてこない。
そこにしかない価値を探しに小国へ。
紙舗直と六人の男達の魅力が、また増える。

 ~5/11(日)
10:00~17:00
小国芸術村 芸術会館
新潟県長岡市小国町山野田20
☎ 0259-95-3135






[PR]

# by izundou | 2014-04-30 19:01 | Comments(0)
2014年 04月 28日

好い遊戯

私にとって、ゲームと言えば「人生ゲーム」「オセロ」。
デジタルなゲームで遊ぶのは皆無に等しい。

そんな中、最近ちょっと自身の中で気になるモノがある。
昭和の代表、ルービックキューブ。
しかし、得意ではない。
一面を拵えると満足である。
柄の揃うきれいな6面に戻せない・・・


さて、昨日のいずん堂は、実におしとやかであった。
夕方。
福の神が降臨。

なにげなく、ルービックキューブの話に。
まさか。ねぇ。
6面揃うわけが・・・

f0326862_16284411.jpg








5分後、
ということに。



いずん堂に福の神が光臨した瞬間であった。







[PR]

# by izundou | 2014-04-28 16:41 | Comments(2)
2014年 04月 27日

GW中の営業日について

ゴールデンウィークとは、ゴージャスな響き。

さて、いずん堂は。
いつもの定休日は、月曜・火曜。
でも、ゴールデンウィーク中は、営業致す所存。

4月29日(火)~5月6日(火)通常営業
12:00~20:00(L.O19:30)

振替として、5月7日(水)を定休日に。

皆様のゴールデンなひと時を、いずん堂でお過ごしくださいますれば幸いにて。

何卒よしなに。







[PR]

# by izundou | 2014-04-27 16:27 | Comments(0)
2014年 04月 26日

大和撫子

立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花
好きな言いまわし。

庭に咲く牡丹を挿した。
なんと可憐な。

f0326862_15490853.jpg
















立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花
しかし、然様になるには・・・ねぇ。






[PR]

# by izundou | 2014-04-26 15:57 | Comments(0)
2014年 04月 25日

ご常連

いずん堂には、かわいらしい粋な常連さんがいる。
御年91歳と80歳の女子。

お散歩の途中で寄ってくださる。
いつも決まって珈琲をブラックで。
カウンターでおしゃべりしながら・・・

お3時にビワサイダー。
時に珈琲だったり。
お食事しながらワインも嗜む。
カウンターでおしゃべりしながら・・・

どちらも、好い時間を過ごす。

そう。いずん堂には、かわいらしい粋な常連さんがいる・・・

f0326862_18451185.jpg
[PR]

# by izundou | 2014-04-25 18:46 | Comments(0)
2014年 04月 20日

この時季


『武蔵野美術大学
  造形学部卒業制作・大学院修了制作優秀作品』展

  ~4月30日(水)
 10:00~18:00 日・祝休み
 武蔵野美術大学美術館
 面白い。
 そして校内の石楠花が満開で嬉しい。

f0326862_14101552.jpg

















『旬の』
蕨。
灰汁抜き中。
f0326862_19190671.jpg












はてさて、何になるのかは、店主しだい。
楽しみ。



『八重山吹』
f0326862_19205516.jpg














眺めていて楽しい気持ち。そして、うっとり。

[PR]

# by izundou | 2014-04-20 14:12 | Comments(0)
2014年 04月 18日

伝、

度胆を抜くほどのかっちょいいポスターが届いた。
そりゃ、かっちょいいさ。
「紙舗直」からのポスターだから。
f0326862_16514575.jpg




















ポスター、チラシ、直さんの幕開け宣言・・・素晴らしい展示に違いない。
こりゃ、GWの楽しみがふえた。

テーマは『 紙と伝 』
小国芸術村特別展
~田中彰と五人の伝~

2014年4月30日(水)~5月11日(日)
10時から17時
新潟県長岡市
小国芸術村 芸術村会館

「時代から時代へ、地から地へ、人から人へ、伝え、伝えられるもの。
 世界は、この”伝”で埋め尽くされています、あるいはそのものだとも言えます。
 今回の特別展は、この”伝”をテーマにさまざまの地と時に生を享け、さまざまの仕事に就く、
 六人の男達の作品と思いで展開します。 ~略~ 」 小国芸術村特別展チラシより

六人の男達
・田中 彰    大学院生
・柿沼 裕朋   美術番組ディレクター
・シーズン・ラオ 写真家
・針谷 賢    建築家
・名手 宏之   紙工作家
・伊藤 義博   写植家

この時季、このへんの地は、桜と菜の花を一緒に愛でることができよう。
そば、米、酒、タラの芽、アスパラなど、地の旬のごっつぉを堪能し、温泉旅行。
六人の男達の”伝”を観、ご自身の”伝”を見つけに出かけてみてはいかかでしょう。

[PR]

# by izundou | 2014-04-18 17:16 | Comments(0)
2014年 04月 18日

気に入りの店 (い)

「贔屓の店がある。」と言いたいところだが、そんな力はない。
好きだから、よく行く店は何軒かある。

国立の北口に昔からある、そば処「福田屋」

f0326862_21065246.jpg

味がいい。
朝4時からこさえる出汁、蕎麦、具。
五臓六腑に染みわたるそのお味は、身も心も安らぐ。
おふくろの味とでも。
そこのおとっちゃんとおかっちゃんがまたいい。

そして、たくさんあるメニューと値段は30年以上変わらない。
そう。メニューと言えば、ご常連さんのテーブルにはいつもメニューにないメニューが!
「福田屋」ならではの楽しみ方がそこにある。



㊟ 蕎麦の量をあなどるなかれ。
「もり2枚。」なんて注文したら、食べきれない。
いろんな意味で良心的。

思うに、好い店とは。
味、店構えはもちろん。そこにいるヒトなのだな。

そして我らの気に入りは、もう一つ。
出窓の設え。
いつも季節ごとに、見る目を楽しませてくれる。

おまけ。
マトリョーシカは、いつも福田屋のどこかでニコニコしてる。
お顔は、福田屋でどーぞ。
f0326862_21102169.jpg











[PR]

# by izundou | 2014-04-18 15:00 | Comments(0)
2014年 04月 16日

つくられしモノ と いのちあるモノ との違い

先月購入したばかりのプリンタがちょっとしたことで早速壊れた・・・
使い方を覚え、作業を進めていたのに。
ちょっとした痛手。

今年2月の記録的な大雪で、驚くことがたくさんあった。
雪に押しつぶされ折れ曲がった坪庭の植物たちは、何事もなかったかのように自力でもとの姿にもどっている。
そして新芽を出した。
お強い。

プリンタよ。自力でなおってくれ!
いや。自力で直さねば。か・・・。
やれやれ。

f0326862_20172974.jpg
[PR]

# by izundou | 2014-04-16 20:36 | Comments(0)