いずん堂のよろず

izundou.exblog.jp
ブログトップ

タグ:琵琶 ( 3 ) タグの人気記事


2018年 09月 29日

弦楽器の夕べ

来週は10月ですね。
秋も好い季節。

7年前の10月。
いずん堂はどうだったのか?
そうじゃった。そうじゃった。
店主が一生懸命、庭つくったり、壁紙を貼ったり、小上がり作ったりと、
料理じゃなくって大工仕事してたっけ。
10月のオープンに向けて・・・
f0326862_23025914.jpg
f0326862_23034111.jpg
せっかくだからお披露目は3連休の日にしようと。
それから丸7年。
コツコツと盆栽を育てるように、草木が成長するように・・・
本当にそうなった!
いずん堂の坪庭の木々はわしゃわしゃと成長しまくりっ!!
あっ。
そう言うことだけど、そう言うことじゃなくってね。
f0326862_23062365.jpg
こんどの10月でなんと・・・
いつも「がらんどう(by.paru)」だった「いずん堂」が8年目に突入!
本当にお客さんと仲間に支えていただき、ここまでこれました。
ほんっとうにありがとうございます!

7周年記念イベントとして、今年も秋の夜長を楽しむ
「弦楽器の夕べ」vol.2を開催します!!

お食事をして、お腹が満たされたら、
心穏やかな弦楽器の生演奏。
新村さんご夫妻によるヴァイオリンと琵琶。
とっても穏やかで優しいお二人の音楽は聴き惚れちゃう。
特に曲は決めず、その時の雰囲気などで演奏してくださったり。
店主曰く「音が生きてるんだよぉ」と、たまぁ~にカッコイイことをおっしゃる。
それはイキもピッタリで、うっとりな空間を創り出してくださいます。
しかも西洋と東洋の弦楽器のミックスだなんて!!
そうそうに聴けないコラボなライブ。

いずん堂に弦楽器の音が流れる夜。
それはそれは贅沢な時間。
ヴァイオリンと琵琶の音だけに耳を澄ませる
秋の夜の静謐なひとときご一緒しましょう。

お席に余裕がございます。
ぜひお申込みをお待ちいたしております!!


「弦楽器の夕べ」vol.2
10月7日(日)

開場 17:00~
食事 ~18:30
開演 19:00~

場所 いずん堂
   小平市小川町1-741-53

会費 3500円(食事&ワンドリンク付き)

定員 15名(要予約)
お申込みはメールにてお願い申し上げます。
izundou@jcom.home.ne.jp
お名前、人数、ご連絡先をご記入下さい。

ヴァイオリン:新村隆慶
琵琶:新村康子

料理:いずん堂


※10/6(土)は、準備のため、18:00までの営業。
※10/7(日)は、貸切となるため、通常営業はお休みです。
※10/8(月)は、14:00までの営業。

何卒、よしなに。


251


[PR]

by izundou | 2018-09-29 23:19 | Comments(0)
2018年 09月 19日

食欲の秋・芸術の秋

大切な人が紡いでくれたご縁。
今年も開催します。
ヴァイオリンと琵琶の生ライブ。


「 弦楽器の夕べ 」 vol.2

2018107()

開場17:00 / お食事 ~18:30

開演19:00

料金3,500(食事&1ドリンク付き)

定員 15名(要予約)

場所:カフェ いずん堂

   東京都小平市小川町1-741-53

電話:042-315-1106


ご予約 :お名前人数ご連絡先を明記の上、

メールにて、

izundou@jcom.home.ne.jpまでお申し込みください。




弦楽器の夕べ vol.2

日々の暮らしの中で、音に耳を澄ませる時間。

丁寧につくられた食事と二つの弦楽器の響きをお楽しみください。

f0326862_18182233.png

strings um (ストリングスウム)
新村隆慶(ヴァイオリン)と新村康子(琵琶ピアノ)の夫婦による弦楽ユニット。
20183月、デザイナー猿山修氏によるレーベルより、CD requiem ”を発売。


新村 隆慶takanori niimura

ヴァイオリンの音が心や記憶に及ぼす作用に強い関心

を持つ。場に寄り添いながら、その時限りの音を紡いで

いく。踊りや絵画、花活けとの共演も行う。

2016年、オリジナルCDscenes”を発売。


新村 康子yasuko niimura

東京音楽大学ピアノ専攻卒業。在学中に鶴田流琵琶

と出会い、田中之雄氏に師事。音そのものに向き合う

ことで、西洋と東洋という境を越える演奏を探求している。

楽曲制作や編曲も行う。



※当日キャンセルの方は準備の都合上、全額頂きます。

繊細な音や静寂を重視する公演となりますため、

誠に恐れ入りますが、小学生以下のお子様のご来場はご遠慮ください。



250






[PR]

by izundou | 2018-09-19 18:37 | Comments(0)
2017年 08月 27日

伝、「弦楽器の夕べ」

芸術の秋。
いずん堂で初めて音楽の生演奏会をしていただくことに。
先の「よろず」に登場したヴァイオリンの奏者。
その方の名は、新村隆慶さん。
偶然の点が線になり必然に・・・

友人の勧めで過日、挿花家の谷匡子さんの花を活けるパフォーマンスを間近で見る機会を得た。
その時に谷さんの挿花に合わせてヴァイオリンを奏でていたのが新村さん。
数日後、いずん堂の常連さんで、谷さんの挿花と新村さんのヴァイオリンの共演を観に行かれた方からお話しを伺っていたり・・・

数か月後、踊りで自身の表現をするムサビ卒の常連さんがいずん堂で打合せをしに。
踊りとヴァイオリンの共演をするからと・・・
踊りもヴァイオリンも即興で。

あれ?見覚えのあるお顔・・・
助手「谷さんの挿花の時にヴァイオリンを奏でた新村さんですか?」と・・・
新村さん「はい。」

それ以来、何度か新村さんも近くの際にはいずん堂に寄ってくださるように。



『 弦楽器の夕べ 』
日々の暮らしの中で、音に耳を澄ませる時間。

丁寧につくられた食事と、ヴァイオリンと琵琶の二つの弦楽器の響きをお楽しみください。


日時:2017年9月30日(土)


時間:開場 17:00

   食事 ~18:30まで

   開演 19:00


会場:いずん堂

   東京都小平市小川町1-741-53

   042-315-1106


料金:3500円(食事&ワンドリンク付き)

定員:15名

予約:お名前・人数・ご連絡先を明記の上、いずん堂のメールまでご連絡ください。

   izundou@jcom.home.ne.jp

   お申込み後、いずん堂より確認メールを致します。火曜休み

  (定員になり次第、受付は終了となります。)


演奏者

ヴァイオリン

新村隆慶 (Takanori Niimura)

埼玉県出身。

ヴァイオリンの音そのものが持つ力を引き出すことを心がけ、その場・時間限りの音を紡いでいく。

踊りや絵画、花活けとの共演も行う。

20169月、デザイナー猿山修氏によるレーベルより、オリジナルCD “scenes“を発売

f0326862_14064944.jpg













琵琶

新村康子 (Yasuko Niimura)

東京音楽大学ピアノ専攻卒業。

在学中に鶴田流琵琶と出会い、田中之雄氏に師事。

古典を参照しながら、西洋と東洋という境を越える演奏を探求している。楽曲制作や編曲も行う。

f0326862_14071487.png









































※微細な音や静寂を重視する公演となります。

 そのため、誠に恐れ入りますが、小学生以下のお子様のご来場はご遠慮いただきます。


274







[PR]

by izundou | 2017-08-27 11:49 | Comments(0)